KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
トランプ次期大統領には
科学的思考が必要だ
Will Science Have a Seat at President Trump’s Table?

トランプ次期大統領には
科学的思考が必要だ

フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。 by Mike Orcutt2017.01.18

地球温暖化とワクチンに関する科学的コンセンサスの否定論者であり、他の明白な事実も拒絶しているドナルド・トランプ次期大統領が「反科学的」大統領になるのを防げるとしたら誰が残っているだろうか。

だが、問題はトランプ次期大統領がそのような人物を見つけられるかにかかっている。トランプ次期大統領はまだ科学顧問を指名しておらず、政権移行チームも、結局誰が科学顧問に就任するのか何も示していない。

フランクリン・D・ルーズベルト大統領(1933年~1945年)以降のどの大統領も科学顧問を置いた。とはいえ、科学顧問の影響力(大統領が経験的証拠を無視したり、誤用したりするのをどれだけ防げるか)は、政権によってかなり異なる。リチャード・ニクソン大統領は、科学顧問職を置かない時期がしばらくあった。オバマ大統領のジョン・ホルドレン科学顧問には、ジョージ・W・ブッシュ政権時代のジョン・マーバーガー科学顧問よりもホワイトハウスではるかに大きな影響力がある。

オバマ大統領就任直前の2009年1月、ホルドレン科学顧問はすでに数週間も科学顧問として仕事をしていた。ただし、だからといってトランプ次期大統領の科学顧問指名が予定より遅れているとはいえな …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント