KADOKAWA Technology Review
×
増え続ける「宇宙ゴミ」を正確に追跡する新手法、日中でも
Ms Tech | Debris: Getty; Earth: NASA
ビジネス・インパクト 無料会員限定
How to cast a wider net for tracking space junk

増え続ける「宇宙ゴミ」を正確に追跡する新手法、日中でも

地球の周囲を漂う宇宙ゴミが、人工衛星の安全にとって大きな問題となっている。オーストリアの研究者らは、日中に宇宙ゴミの反射光を観測することで、宇宙ゴミ追跡の精度を向上できる新たな手法を開発した。 by Neel V. Patel2020.08.11

宇宙ゴミ(スペース・デブリ)はすぐに消えることはなく、このゴミが引き起こす問題もなくならない。年を追うごとに打ち上げられる人工衛星の数は増えるだろう。つまり、制御されていないロケットや宇宙船の破片はますます増加し、時速3万5400キロメートル以上の速度で飛び交うようになる。この速度では、長さ数センチの物体でも一瞬で人工衛星を破壊できてしまうため、さらに多くのゴミが宇宙空間に散らばることになる。

この宇宙ゴミをどのように処理すればよいのだろうか。レーダーやソナーのように強力なレーザーを使えば、飛び交う物体の距離を測定できる。レーザー光線が軌道上のゴミに当たり、跳ね返って地球に届くと、地上の要員がそれにかかる時間を測定し、ゴミがどこにあり、どこに向かっているかを推測し、起こり得る他の物体との衝突を警告できる。このレーザー測距技術は、人工衛星を追跡する手法としては決して新しいものではない。しかしパデュー大学の宇宙力学専門家であるキャロリン・フリュイ助教授は、「宇宙ゴミを追跡するとなると状況は異なります」と言う。宇宙ゴミは安定した軌道上には留まらない。宇宙ゴミは「回転し始め、急激な姿勢運動をする可能性があり、方向が安定しません」。レーザーによって検出される宇宙ゴミは、人工衛星を検出する場合よりランダムに現れるため、ゴミが向かっている場所を正確に予測するには、より継続的な観測が必要になる。

もっとも、レーザー測距では、距離にして数千キロまでの位置範囲しか分からない。これらの宇宙ゴミが反射する太陽光も測定することで、位置範囲をわずか数メートル …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る