KADOKAWA Technology Review
×
準惑星ケレスの地下に塩水湖か、ドーン探査機のデータが示す
NASA/JPL-Caltech/UCLA/MPS/DLR/IDA
The dwarf planet Ceres might be home to an underground ocean of water

準惑星ケレスの地下に塩水湖か、ドーン探査機のデータが示す

火星と木星の間の小惑星帯にある準惑星ケレスが地下深部に海水をたたえている可能性があるとする研究成果が発表された。ケレスはかつて生命体が生存できる世界であった可能性があり、あるいは今もそうであるのかもしれない。 by Neel V. Patel2020.08.13

ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)誌に掲載された新たな研究論文によると、太陽系にある最大の準惑星であるケレス(Ceres)には、表面に流出している液体の水が存在するようだ。米国航空宇宙局(NASA)の探査機「ドーン(Dawn)」のデータは、ケレスが地下深部に海水をたたえている可能性を示しているという。

火星と木星の間の小惑星帯にある準惑星ケレスは、2015年3月から2018年11月までの期間、探査機ドーンによって熱心に調査されてきた。最後の数週間で、ドーンはケレス表面からわずか約35キロメートルの距離まで近づき、準惑星ケレスの化学組成に関する膨大な量のデータを収集した。ドーンはケレス表面に多くの塩化ナトリウムの堆積物を発見した。それらは地表に湧き上がり、蒸発して塩の堆積物を形成した液体に由来する可能性があると科学者たちは考えている。

しかし、その液体がどのように地表に湧き出たのかは不明のままだった。調査期間の最後の数週間でドーンが収集した高解像度画像の新たな分析で、イタリアの研究者たちは、液体がオッカトル(Occator )・クレーターの表面下およそ40キロメートルの場所に溜まった、幅約数百から千キロメートルに及ぶ可能性のある地下の塩水湖に由来することを明らかにした。地表で発見された塩は、ケレスのような環境で水が液体状態を維持するのに役立つという意味で重要だ。

今回の研究結果は、ケレスと、およそ2000万年前にできた直径92キロメートルのオッカトル・クレーター周辺の地質に関する新たな洞察を明らかにする他の研究論文とともに発表された。そのうちのいくつかの研究でも他の方法でクレーターにおける水の存在について紐解いており、ある研究は、地球の地下水が高い圧力を受けて形成される氷の山に類似する円錐形の丘に注目している。しかし、塩の堆積物が最も有力な証拠を提示している。

塩の堆積物が形成されたのは、わずか数百万年前であり、最近のことだ。ドーンのデータは、脱水した塩の内部に実は少量の水が存在することを示している。そのことは、塩の堆積を促している何らかの地質学的活動がいまだに続いている可能性があることを示唆しており、その場合、ケレスは今も活動的な天体であることを意味することになる。

塩水は厳しい環境になり得るが、海洋の存在は、準惑星ケレスの他の場所にもこのような塩水が溜まっている可能性を示唆している。つまり、ケレスがかつて生命体が生存できる世界であった可能性があり、あるいは今もそうであるのかもしれない。

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. US launches trial for blood tests that promise to catch cancers earlier バイデン大統領「がん死亡率半減」宣言、血液検査の大規模試験へ
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. US launches trial for blood tests that promise to catch cancers earlier バイデン大統領「がん死亡率半減」宣言、血液検査の大規模試験へ
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る