KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
北朝鮮は盗んだ暗号通貨をどうやって換金しているのか?
Getty | Carl Court/Staff
コネクティビティ Insider Online限定
North Korean hackers steal billions in cryptocurrency. How do they turn it into real cash?

北朝鮮は盗んだ暗号通貨をどうやって換金しているのか?

北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 by Patrick Howell O'Neill2020.09.24

北朝鮮の金政権は長年にわたり、違法薬物の取引や通貨の偽造などの犯罪スキームを通じて資金を作ってきた。この10年間、北朝鮮政府はますますサイバー犯罪に目を向けるようになり、ハッカー集団を指揮して銀行や暗号通貨取引所に対して数十億ドルの強奪を繰り返している。例えば、2018年の攻撃では一度の急襲で2億5000万ドルを手にした。国連によると、こうした活動は北朝鮮に莫大な資金をもたらし、長期的な国家存続を保証できる可能性のある核兵器の開発に使われているという。

しかし、暗号通貨取引所をハッキングすることと、実際にすべての現金を手に入れることには大きな違いがある。現金を手にするには、盗んだ暗号通貨を移動し、誰にも追跡できないようマネーロンダリング(資金洗浄)した後で、ビットコインでも購入できない武器や贅沢品、生活必需品を購入するために米ドルやユーロ、または人民元に換金する必要がある。

「マネーロンダリングは、ハッキング自体よりも洗練されていると思います」。暗号通貨関連の事件を専門とする米国内国歳入庁(IRS)のクリストファー・ジャンチェフスキ主任調査官は話す。

ジャンチェフスキ主任調査官は近頃、多くの動きを目にしている。認証済みのツイッター・アカウントを襲った最近のハッキングと、ダークネット上で児童性的虐待の画像を掲載する世界最大のサイトによるビットコインを資金源とした事件では、調査を主導した。直近では、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス(Lazarus)」によるとされる前代未聞の数百万ドル規模の連続ハッキングから2億5000万ドルの暗号通貨を追跡・押収した捜査で、調査主任を務めた。

ジャンチェフスキ主任調査官は、ラザルスの手口は進化し続けていると語る。

汚れた資金を洗浄する

ラザルスは、標的をハッキングして暗号通貨を首尾よく手に入れると、その後は痕跡を消して捜査の手を逃れようとする。このような手口では、暗号通貨を様々なウォレットや通貨に移動させるのが典型的だ。例えば、イーサからビットコインへ切り替えるなどだ。

しかし、北朝鮮の作戦は、ここ数年で進化している。「ピール・チェーン(peel chain)」と呼ばれる手口では、迅速かつ自動化された取引で資金を動かす。ひとつのビットコイン・ウォレ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る