KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
ティックトックとオラクルが提携、ウィーチャット禁止は差し止め
Associated Press
The TikTok and WeChat ban that wasn’t: here’s whats happening now

ティックトックとオラクルが提携、ウィーチャット禁止は差し止め

米商務省は9月18日、中国企業が提供するアプリ「ティックトック(TikTok)」と「ウィーチャット(WeChat)」について、9月20日以降、米国国内でのダウンロードを禁止する命令を発表した。だが、命令は実行されなかった。 by Charlotte Jee2020.09.23

米商務省は9月18日、中国企業が提供するアプリ「ティックトック(TikTok)」と「ウィーチャット(WeChat)」について、9月20日以降、米国国内でのダウンロードを禁止する命令を発表した。だが、この命令は実行されなかった。

ドナルド・トランプ大統領は8月6日、ティックトック事業が9月15日までに米国企業に売却されなかった場合、9月20日以降の同アプリのダウンロードを禁止すると発表。9月15日までの事業売却は実現しなかったものの、9月18日、ティックトックを所有する中国企業のバイトダンス(ByteDance)には11月12日までの猶予期間が与えられた。それまでに米政府が納得する合意に到達できれば、米国内での事業を継続できることになる。

猶予期間の付与はトランプ大統領の命令には合致していなかったものの、9月19日にはティックトック事業の株式の計20%をオラクルとウォルマートが取得すると発表。バイトダンスが同事業の株式の過半数を保有し続けることになるこの提携について、トランプ大統領は「支持する」と述べた。バイトダンスによると、存在が疑われているセキュリティの懸念を和らげるため、オラクルは「ティックトックの米国のソースコードに対するセキュリティ査察を実施する権利を持つ」という。トランプ大統領は、米国の教育に対する50億ドルの投資につながると主張しているが、こうした合意についてバイトダンスは「承知していない」としている。また、オラクルは今回の提携で2万5000人の新規雇用が生まれると主張しているが、その可能性は極めて低そうだ。

多用途アプリのウィーチャットは、中国ではメッセージのやり取りから支払いまであらゆることに広く使用されている。9月20日にグーグルとアップルのアプリストアから削除されるはずだったが、合衆国憲法修正第1条が定める言論の自由の確保に深刻な疑義を生じさせるとして、サンフランシスコ連邦地裁がダウンロード禁止措置を差し止めた。米国政府は上訴するとみられている。

トランプ政権は、ティックトックとウィーチャットを禁止する表向きの理由として、国家安全保障上の問題を挙げ、中国共産党が両アプリを使って米国民のデータを盗み出すことを懸念していると説明する。だがトランプ政権は、この主張のいかなる証拠を示すことを繰り返し拒み続けている。

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  5. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  5. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る