KADOKAWA Technology Review
×
AI倫理研究者の解雇についてグーグルに説明を要求、米連邦議員ら
AP Photo/Kathy Willens
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Congress wants answers from Google about Timnit Gebru’s firing

AI倫理研究者の解雇についてグーグルに説明を要求、米連邦議員ら

米連邦議会の議員たちは、著名なAI倫理研究者をグーグルが解雇した件について説明を求める書簡を同社に送った。連邦議会では、法整備や監督権限を通じて、AIの研究や説明責任、多様性を強化しようとする動きが強まっており、この書簡もその一環である。 by Karen Hao2020.12.25

米国の連邦議会議員9人が、グーグルで人工知能(AI)倫理チームの共同リーダーを務めていたティムニット・ゲブルの解雇を巡る状況について説明を求める書簡を同社に送った。イベット・クラーク下院議員とロン・ワイデン上院議員が主導し、エリザベス・ウォーレンとコリー・ブッカーの各上院議員の共同署名も入ったこの書簡は、議会がテック大手をどう精査し、将来的な規制についてどう考えているかについて重要なメッセージを送るものだ。

https://twitter.com/RepYvetteClarke/status/1339297358815834113

 

AI倫理分野を主導する存在であり、グーグルの少数の黒人女性社員の1人でもあるゲブルは12月2日に、ある研究論文を巡る対立が長引いた後、突然解雇された。この論文には、大量のテキストデータで訓練した大規模なAI言語モデルのリスクが詳細に記されていた。大規模なAI言語モデルはグーグルの研究の中核をなしており、同社の収益源であるグーグル検索をはじめとする多様な製品のエンジンとなっている。

書簡は、MITテクノロジーレビューの記事を引用した上で、「大規模な言語モデルにバイアス(偏り)が生じる可能性」「AI研究に対する企業の影響力が増していること」「グーグルに多様性が欠如していること」という3つの問題を取り上げている。そしてグーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)に対して、それぞれの問題に対処していくための具体的な計画や、現在の研究審査の方針、ゲブルの退社について現在進められている調査の詳細を尋ねている(ニュースサイトであるアクシオス(Axios)が最初に公表した社 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る