KADOKAWA Technology Review
×
女性を水着姿にするAIの偏見問題、ラベル付けだけが原因ではない
Ms Tech | Getty
知性を宿す機械 Insider Online限定
An AI saw a cropped photo of AOC. It autocompleted her wearing a bikini.

女性を水着姿にするAIの偏見問題、ラベル付けだけが原因ではない

人工知能(AI)のバイアスに対する批判の多くはラベル付けへの批判だった。だが、画像生成アルゴリズムにはインターネットに存在する性差別・人種差別的な視点が反映されている。 by Karen Hao2021.02.02

言語生成アルゴリズムには、人種差別や性差別を助長するような視点が埋め込まれていることが知られている。こうしたアルゴリズムは、ヘイトスピーチやデマを含んでいる可能性があるレディット(Reddit)やツイッターなどのインターネット上の言葉で訓練され、ネット上のダークサイドに存在する有害な考え方は、学習の一環として鍛えられていく。

新たな研究によって、画像生成アルゴリズムにおいても同様の現象が見られることが明らかとなった。首から上を写した男性の写真を画像生成アルゴリズムに与えると、43%の確率でスーツ姿の画像が自動生成される。同様に、女性の写真を同じアルゴリズムに与えると、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス米下院議員といった著名人でさえも、53%の確率で胸元の開いた服やビキニ姿が自動生成されてしまうのだ。画像生成だけでなく、映像ベースの人材評価アルゴリズムや顔認識、監視システムなど、すべてのコンピュータービジョンの用途に影響を与える問題だ。

カーネギーメロン大学の博士課程に在籍するライアン・スティードとジョージ・ワシントン大学のアイリーン・カリスカン助教授は、オープンAIのiGPT(単語ではなく画像で訓練したGPT-2のバージョン)とグーグルのSimCLRという2種類のアルゴリズムについて調査した。それぞれのアルゴリズムの画像学習法は異なるが、完全な「教師なし学習」という重要な共通点がある。つまり、画像をラベル付けする際に人間の力を必要としない。

教師なし学習は、2020年時点における比較的新しいイノベーションである。以前のコンピュータービジョンのアルゴリズムでは、人間がラベル付けした画像を与える教師あり学習が主に採用されていた。猫の写真なら「猫」のタグ、赤ちゃんの写真なら「赤ちゃん」のタグといった具合だ。だが2019年、研究者のケイト・クロフォードとアーティストのトレバー・パグレンは、イメージネット(ImageNet:コンピュータービジョンモデルを訓練するための最も基礎的な画像データセット)に含まれる、人間が付けたラベルについてのある事実を発見した。女性に対する「ふしだらな女」といった言葉や、少数民族に対する人種差別的な中傷など、不快な言葉が含まれている場合があるという事実だった。

最近発表されたスティードとカリスカン …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る