KADOKAWA Technology Review
×
持続可能エネルギー Insider Online限定
What’s at Stake as Trump Takes Aim at Clean Energy Research

トランプ政権がエネルギー研究を縮小すれば多くの雇用が奪われる

イデオロギーに凝り固まったトランプ政権が、アメリカ経済の成長分野を破壊し、税源と職を奪おうとしています。 by James Temple2017.02.01

トランプ政権が米国エネルギー省(DOE)の多くの計画の資金を打ち切るか、大幅カットするつもりと報じられる中、クリーンエネルギーの研究者は持続可能なテクノロジーの発展を妨げる恐れのある政府の投資削減に身構えている。

現段階では、トランプ政権がどの再生可能エネルギーを標的にして、どの程度を削減するつもりなのかは誰にも(もしかすると政権内部でも)確証がない。しかし大幅に予算を削減すれば、エネルギーや気候の研究に多大な影響があり、最終的には雇用の創出には逆効果で、温室効果ガスの削減を停滞させる可能性がある。

エネルギー省の研究所の職員や科学者は、トランプ政権がエネルギー省の規模を大々的に縮小しようとしていると報じたヒル紙の記事によって、1月の初めから特に不安を感じている。当該記事と続報によれば、トランプ政権は2016 年のヘリテージ財団のレポートを元に、さまざまな削減対象の中でも、エネルギー先端研究計画局(ARPA-E)による壮大な目標を掲げたプログラムやエネルギー効率・再生可能エネルギー局(EERE)、「クリーン・コール」等の二酸化炭素の回収・貯蔵の研究に取り組んでいる化石エネルギー局の廃止を求めているのだ。

政府やエネルギー研究者、政策の専門家など、背景事情に詳しい人物によれば、当該記事は最終的な提案については述べておらず、2018年度の予算審議で何が確実に議論となるか、世論を探るために提示される初期目標すら不明なのだ。しかし、ホワイトハウスと共和党議会は、オバマ政権下で着実に成長してきた再生可能エネルギーと環境調査の取り組みを目の敵にして削減するのは確実と見られている。したがって問題は単に、どこに、どれくらい深刻に影響し、そして何が最終的に決まるかだ。

少なくとも、ARPA-EやEERE、生物学・環境研究プログラムによる気候研究が特に狙われやす …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る