KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
This animated chart shows how the world’s vaccine rollout is going

動くグラフで見る、世界のワクチン接種状況(日本はG20中19位)

世界中で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種プログラムが展開されつつあるが、展開のペースは国によって大きく異なっている。最も進んでいる米国や英国が人口100人あたり80回以上のワクチン接種を実施してきたのに対し、ワクチン接種が1度も実施されていない国も多い。 by Charlotte Jee2021.05.24

世界180カ国で、これまでに15億回以上、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンが接種されてきた。つまり、人口100人あたりおよそ21回の接種が実施されてきたことになる。しかしながら、下記の動画チャートを見れば分かるように、ワクチン接種プログラムの展開ペースと分布は非常に不均一な状況だ。

「Our World in Data(データで見る私たちの世界)」が作成したこの動画の再生ボタンを押すと、最初にワクチン接種が実施された2020年12月20日、最初期の患者に対して一部の国で接種が始まってから現在に至るまで、ワクチン接種プログラムがどのように展開されてきたかが確認できる。最初に表示されているのはG20参加国だが、自分でカスタマイズして特定の国の進捗状況を確認したり、複数の国を重ねて比較したりすることもできる。

これまで人口100人あたり80回以上のワクチン接種を実施してきたのは、米国、英国、バーレーン、チリ、イスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)だ。チャートが進むにつれて、出遅れていた米国がどのように英国に追いつき始めたのかを確認できる。英国のワクチン展開は非常に上手くいっている。また、世界最小規模の国や地域の一部も、ワクチン展開において目覚ましい成果を上げてきた。ジブラルタル、セーシェル、サンマリノ、バミューダ、ケイマン諸島は、いずれも人口100人あたり100回以上のワクチン接種をしたと報告している(ワクチンの中には1人につき2回の接種が必要なものもある)。

イスラエルの驚異的な展開率は、出遅れた欧州連合(EU)と並べて見ると極めて印象的だ。イスラエルは、新型コロナウイルス感染症に対する大規模ワクチン接種の劇的な効果を示した最初の国のひとつで、60代以上の90%以上が1回目のワクチン接種を受けた後、感染率が激減した。人口の大多数がワクチン接種を受けたすべての国で、同じようなパターンが繰り返されている。米国では、現在成人の60%以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けており、感染者数が急速に減少している。

他方で、世界の大部分ではまだワクチン接種が1度も実施されていない状況だ。ハイチ、北朝鮮、そして多くのアフリカの国々では、ワクチンがまったく接種されていない。とりわけ、現在新型コロナ感染症の被害が最も深刻なブラジルとインドでは、人口の大半がまだワクチン接種を受けていない状況だ(ブラジルは人口100人あたり26回、インドは14回しかワクチン接種を受けていない)。

「Our World in Data(データで見る私たちの世界)」は、オックスフォード大学と、教育慈善団体のザ・グローバル・チェンジ・データ・ラボ(The Global Change Data Lab)が共同で制作している。Webサイトでは新型コロナ感染症のパンデミックに関して、各国における毎日の感染者数からワクチン接種数検査実施率に至るまで、膨大な量のあらゆるデータがインタラクティブ・チャートやビジュアル化された形で公開されている。

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る