KADOKAWA Technology Review
×
AIはまだ、ヘイトスピーチを見分けるのが苦手=米最新研究
Ms Tech | Getty, Unsplash
知性を宿す機械 無料会員限定
AI still sucks at moderating hate speech

AIはまだ、ヘイトスピーチを見分けるのが苦手=米最新研究

人工知能による自然言語処理テクノロジーは発展を続けている。だが、AIにヘイトスピーチを検出させる新たな研究結果からは、多くの課題が浮き彫りになった。 by Karen Hao2021.06.09

言語処理AI(人工知能)技術はここ数年で大きく発展した。しかし実際は、最も基本的な応用分野でいまだに悪戦苦闘している。最新の研究で、科学者たちが最先端AIシステム4種類にヘイトスピーチを検出させるテストを実施したところ、4種類すべてのAIシステムが悪質な文章と問題のない文章の識別に苦労していることが明らかになった。4種類のAIシステムは、それぞれ別々の部分で苦労していたという。

とはいえ、この結果は驚くべきものではない。自然言語の微妙なニュアンスを理解するAIを開発することは難しいのだ。この研究結果において重要な点は、研究者たちが問題を精査するために採用した手法だ。彼らはヘイトスピーチが飛び出すさまざまな場面を想定して29種類のテストを開発し、具体的にどの部分でそれぞれのシステムがつまずくのかを正確に特定した。結果、システムの弱点を克服する方法を理解しやすくなったのだ。このテストはすでに、ある商用AIサービスの改善に役立っている。

オックスフォード大学とアラン・チューリング研究所の研究者らが主導した研究論文の著者らは、ネット上のヘイトスピーチ対策に取り組む16の非営利団体の職員たちにインタビューし、聞き取った内容を基にヘイトスピーチを18種類に分類した。この分類では英語の書き言葉(文書)によるヘイトスピーチに絞り、軽蔑、中傷、脅し文句などを含むものとした。彼らはまた、AIシステムに何度も誤検知を起こさせる、ヘイトスピーチに該当しない11のシナリオを特定した。問題のない発言の最中にある冒涜的な表現や、被害を受けた人たちが繰り返し発した中傷的な言葉、ヘイトスピーチを糾弾する活動において元のヘイトスピーチを引用あるいは言及する例(カウンター・スピーチ)などだ。

前述の29種の分類一つ一つに対して、研究チームは数十ずつの例文を手作りした。さらに、「私は{ 属性}が嫌い」とか「あなたは私にとって{ 中傷表現}でしかない」といったテンプレート文も用意した。米国の法律で差別の保護対象となる7つのグル …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る