KADOKAWA Technology Review
×
フェイスブックの独禁法違反を地裁が棄却、時価総額1兆ドル超え
Olivier Douliery/Abaca/Sipa USA (Sipa via AP Images)
Is Facebook a monopoly? Please define, says judge

フェイスブックの独禁法違反を地裁が棄却、時価総額1兆ドル超え

米連邦地方裁判所は、フェイスブックに対する2件の反トラスト法違反の訴えを棄却した。訴訟は完全に終わっていないが、判決を受けてフェイスブックの時価総額は初めて1兆ドルを超えた。 by Eileen Guo2021.06.30

世界最大のソーシャルネットワーク企業であり、売上高で世界34番目の企業。そんなフェイスブックの市場支配力に異議を唱えるのは簡単ではなかった。6月28日、コロンビア特別区連邦地方裁判所のジェームズ・ボースバーグ判事は、全米各州の司法長官が訴えたフェイスブックに対する訴訟を含む2件の訴訟を棄却した。これを受けて、事態はさらに複雑になった。

ボースバーグ判事は、12月に米国連邦取引委員会(FTC)と48州が合同で訴えた別々の2件の訴訟を却下するように求めたフェイスブック側の主張を認めた。フェイスブックがソーシャルメディア業界を独占している、という事実を立証する「法的根拠が不十分」だとしている。フェイスブックがソーシャルメディア市場の「60%以上」を支配しているというFTCの主張は認められなかった。

「FTCの訴えでは、反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)で適切に定義されている製品市場において、フェイスブックが実際にどの程度の力を有していたか、そして現在も有しているかという問題の核心部分について具体的なことはほとんど何も示されていません」と意見書には記されている。「まるでFTCは、フェイスブックが市場を独占しているはずだという世間一般の通念に、裁判所が素直に同意するのを期待しているかのようです」。

ボースバーグ判事は、フェイスブックの独占を示す証拠は、より伝統的な産業であれば有効だったかもしれないが、「このケースは、通常の市場や直感的な市場ではありません」と指摘した。

ただし、裁判はこれで終わりではない。FTCには訴状修正期間として30日間の猶予が与えられており、訴状を修正した上で再提出が可能だ。当局代表は記者団に対し「意見書を精査し、今後に向けて最善の選択肢を吟味しています」と述べた。

この訴訟に関する今後の行動はすべて、FTCのリナ・カーン新委員長が主導する。カーン委員長は大手テクノロジー企業に対する声高な批判者であり、価格設定に焦点を当てた反トラスト法はアマゾンの権力を抑制するには不十分だと主張したことで注目された人物だ。

FTCが訴訟の次の一手を準備する一方で、ボースバーグ判事は、フェイスブックによるインスタグラムとワッツアップ(WhatsApp)の買収に異議を申し立てた、48州による別の訴訟についても棄却している。提訴があまりにも遅かったためだという。FTCは(市場独占の)原因と考えられる任意の時点での調査できる、とボースバーグ判事は指摘した。

フェイスブックと投資家は、今回の判決を受けて勝利を宣言している。フェイスブックの株価は4.2%上昇し、史上初めて時価総額が1兆ドルを突破した。

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
アイリーン・グオ [Eileen Guo]米国版 特集・調査担当上級記者
特集・調査担当の上級記者として、テクノロジー産業がどのように私たちの世界を形作っているのか、その過程でしばしば既存の不公正や不平等を定着させているのかをテーマに取材している。以前は、フリーランスの記者およびオーディオ・プロデューサーとして、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、ナショナル・ジオグラフィック誌、ワイアードなどで活動していた。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る