KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
ファイザーがワクチンの追加接種を主張、専門家は「時期尚早」
Mario Tama/Getty Images
Pfizer wants to give you a booster shot—but experts say it's too soon

ファイザーがワクチンの追加接種を主張、専門家は「時期尚早」

ファイザーは、自社のワクチンの予防効果が接種後6カ月で低下していることが示されたとして、3回目の追加接種が必要だとする声明を発表した。しかし、多くの専門家は、世界の多くの人々がまだ1回目の接種すら受けていない現在、追加接種を検討するのは時期尚早だと述べている。 by Cassandra Willyard2021.07.18

そろそろ新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンのブースターショット(追加接種)について考えるべきだろうか。ファイザーはそう考えているようだ。同社の代表者らは、7月12日に開かれた米国トップの科学者や規制当局との非公開の会議で、米国は3回目のワクチン接種を承認すべきだと主張した。

ファイザーとドイツのパートナーであるバイオンテック(BioNTech)は7月8日に、ワクチン接種を受けた人々の免疫効果が低下していることを確認しているため、8月に追加接種を実施するための緊急使用許可(Emergency Use Authorization:EUA)を申請する予定だと発表した。3回目のワクチン接種は「最高レベルの保護を維持するために有益である可能性がある」という。

しかし、3回目のワクチン接種をすぐに受けられると期待してはいけない。7月8日のファイザーの発表を受けて、米国疾病予防管理センター(CDC)と米国食品医薬品局(FDA)は珍しく共同声明を発表し、2回のワクチン接種を受けた米国人には、現時点で追加の予防接種は必要ないと強調した。 7月12日の会議の直後、米国保健福祉省(Department of Health and Human Services)もこの意見に同意した。 「興味深い会議でした。データを共有しましたが、決定事項のようなものは何もありませんでした」。バイデン政権のパンデミックに関する主任医療顧問であるアンソニー・ファウチ博士は、その夜にニューヨーク・タイムズ紙に語った

ペンシルベニア大学の免疫学者であるジョン・ウェリー教授は、実験室での研究と実際の感染から得られたデータは、追加接種をしなくても「感染は食い止められている」ことを示していると述べる。「重症、入院、死亡が確認されているのは、ほぼ完全にワクチン未接種の集団においてです。デルタ変異型であってもです」。また、ワクチンを接種した人々に感染症が発症しても、症状は軽い傾向にある。「これはワクチンの失敗ではなく、ワクチンの成功なのです」。

7月8日の声明の中で、ファイザーとバイオンテックは、イスラエル保健省が発表した現実のデータは、ワクチンは重篤な症状に対する予防効果は依然として高いものの、症候性感染に対する予防効果は接種後6カ月で低下したことを示していると述べた。両社は、この結果は、自社の第3相試験のデータと一致しており、2回の接種を受けた後、6〜12カ月以内に3回目の接種が必要になるとしている。両社の追加接種研究のデータでは、3回目の接種により中和抗体レベルが5倍から10倍に上昇することが示されている。両社はまた、デルタ変異型を対象とした追加接種にも取り組んでいる。

世界保健機関(WHO)によると、デルタ型のアウトブレイクと戦ってきたイスラエルを含め、少なくとも4カ国が追加接種の計画を発表している。イスラエルでは7月12日から、がん患者や臓器移植を受けた人など、免疫力が低下している人を対象に、3回目の予防接種を実施している。

ほかに約半ダースの国が、追加接種について検討している。もし、これらの国々でも3回目の予防接種が実施されるようになれば、「さらに8億回分のワクチンが必要になります」と世界保健機関の主任科学者であるソウミャ・スワミナサン医師は7月12日の記者会見で述べた。

これらのワクチンは、これまでワクチンをほとんど入手できなかった国々に提供されるべきだと、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は述べる。テドロス事務局長は、貧しい国の最前線で働く人々や高齢者がまだ1回目の接種すら受けていないのに、富裕国や中所得国が3回目の接種を検討していることを批判。まだ集団予防接種を実施していない国もある。「現在、データによると、ワクチン接種のおかげで、深刻で致命的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する免疫が、長期にわたって持続することがわかっています」と同事務局長は述べる。「現在は、接種と保護を受けていない人々に対して予防接種することを優先しなければなりません」。

ニューヨーク・プレスビティリアン病院/コンロンビア大学メディカルセンター(Presbyterian/Columbia University Medical Center)の救急医療グローバルヘルス担当部長であるクレイグ・スペンサー助教授は、ツイッターで率直な意見を述べている。「製薬会社が何と言おうと、まだワクチン接種を受けられない世界中の医療従事者を差し置いて、新型コロナウイルス感染症の追加予防接種が緊急に必要になることはありません」。

だからといって、最終的に追加接種が必要なくなるというわけではない。「1年後か2年後には、追加接種が必要になるかもしれません」とWHOのスワミナサン医師は言う。ウェリー教授は、追加接種の準備するのは良いことだと述べる。しかし、今すぐに追加接種が必要だと確信できるだけのデータは見当たらないと言う。「新たなデータは、免疫力がしっかりと維持されていることを示しています」。

人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. Quasi-Zenith Satellite lead Japan’s way to hyper-accurate positioning 準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
cassandra.willyard [Cassandra Willyard]米国版
現在編集中です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. Quasi-Zenith Satellite lead Japan’s way to hyper-accurate positioning 準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る