KADOKAWA Technology Review
×
ディープマインド、バーチャル道場で鍛え続けるマルチスキルAIを開発
DeepMind
知性を宿す機械 Insider Online限定
An endlessly changing playground teaches AIs how to multitask

ディープマインド、バーチャル道場で鍛え続けるマルチスキルAIを開発

ディープマインドは、バーチャル3D空間でさまざまな課題を際限なく課すことによって、AIが初見のタスクにも短時間で適応できるようにする手法を開発した。 by Will Douglas Heaven2021.08.03

ディープマインド(DeepMind)は、カラフルで広大なバーチャル・プレイグラウンド(遊び場)を開発し、課すタスクを次々に際限なく変化させて、人工知能(AI)に一般的なスキルを学ばせている。バーチャル・プレイグラウンドで学ぶAIは、特定のタスクの解決に必要なスキルだけを身につけるのではなく、実験や探索をすることを学んでスキルを身につけ、そのスキルを使って、これまでに出会ったことのないタスクを遂行する。これは、汎用人工知能(AGI)への小さな一歩だ。

https://www.youtube.com/watch?v=lTmL7jwFfdw

AIのバーチャル・プレイグラウンドである「エックスランド(XLand)」は、ビデオゲームの3D世界に似ており、AIのプレイヤーが色で物体を感知できる。エックスランドは、中央AIが管理しており、環境やゲームのルール、プレイヤーの数を変更するなどして、AIプレイヤーにさまざまなタスクを課す。AIプレイヤーもプレイグラウンドの管理者である中央AIも、強化学習を使って、試行錯誤によって能力を向上させていく。

訓練では、AIプレイヤーはまず、紫色のキューブを見つけたり、黄色のボールを赤い床に置いたりする1人用の単純なゲームをプレイする。続いて、「かくれんぼ」や、チーム対抗で互いの旗を先に見つけて奪い合う「旗取りゲーム」のような複雑な多人数用のゲームに挑戦する。中央AIに特定の目標はないが、時間の経過とともにAIプレイヤーの一般的な能力を向上させることを目指している。

ディープマインドの「 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る