KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
土星内部に「揺れ動くコア」が存在か=米最新研究
NASA
宇宙 無料会員限定
Saturn's insides are sloshing around

土星内部に「揺れ動くコア」が存在か=米最新研究

カリフォルニア工科大学の研究によると、土星内部には岩石や氷のような物質が密集した明確なコアは存在せず、ぼんやりと拡散したコアが存在するという。NASAのミッションで収集された土星の環の地震計データからモデル化した。 by Neel V. Patel2021.08.17

直径28万2000キロメートルにも及ぶ巨大な環を持つ土星は、太陽系の中でも独特な存在だが、その内部もかなりユニークであることが判明した。 8月16日にネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)誌に掲載された新たな研究によると、太陽から6番目の惑星である土星には、揺れ動く「ファジー(あいまい)」なコアがあるという。

これは非常に驚くべき発見だ。「土星や木星の内部構造の従来のイメージは、岩石や氷のような物質が密集したコアが、水素やヘリウムからなる密度の低い膜に囲まれているというものでした」と、カリフォルニア工科大学(Caltech:California Institute of Technology)の惑星科学者であり、ジム・フラー教授とともに今回の研究論文を共同執筆したクリストファー・マンコビッチ博士研究員は述べる。

2人が見つけたのは、「基本的に従来の構造がぼやけたバージョン」だった。重い岩石や氷と軽い元素とを隔てる整然とした境界は存在せず、コアが振動しているため、単一で明確な分離はないことがわかったのだ。

この拡散したコアは、土星の半径の約60%にまで広がっており、従来の惑星のコアが半径に占める割合である10〜20%とは比べものにならないほど大きく飛び抜けている。

今回の研究で特に興味深い側面の一つは、この発見がコアを直接測定することによって得られたものではないと …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る