KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
グーグル最新AIスマホに見る、コンピューター「再発明」の方向性
Andrea Daquino
人工知能(AI) 無料会員限定
How AI is reinventing what computers are

グーグル最新AIスマホに見る、コンピューター「再発明」の方向性

グーグルが発表した最新スマホ「ピクセル6(Pixel 6)」は、人工知能の演算を専門に処理する回路を備えている。AIはすでに私たちの生活に溶け込んだ。そしてコンピューターのあり方も変えようとしている。 by Will Douglas Heaven2021.10.25

2021年の秋は、カボチャやピーカンパイの季節であり、すばらしい携帯電話が新たに登場する季節でもある。毎年、アップルやサムスン、グーグルなどが、発売日に合わせて最新機種を発表している。消費者向けテクノロジーのカレンダーを賑わせるこれらの製品からは、もはやかつてのような驚きと感動は得られない。しかし、マーケティング上の華やかな演出の裏では、注目すべきことが起こっている。

グーグルの最新スマートフォンであるピクセル6(Pixel 6)は、標準的なプロセッサ・コアーに人工知能(AI)処理専用回路を統合したSoC(System on Chip)である「グーグル・テンソル(Google Tensor)」を搭載している。近年のアイフォーンに搭載されているSoCは、アップルが「ニューラル・エンジン(Neural Engine)」と呼ぶ回路を統合しており、これもAI処理専用だ。どちらのSoCも、カメラの能力を拡張するAIなど、デバイス上で機械学習モデルを学習・実行させる計算に適している。私たちがほとんど気づかないうちに、AIは私たちの日常生活の一部となってしまった。そしてまた、コンピューティングに対する私たちの考え方も変えつつある。

どういうことだろうか。コンピューターは、およそ50年前からほとんど変わっていない。より小さく、より高速になったとはいえ、人間からの命令を実行するプロセッサーを搭載した箱であることに変わりはないのだ。AIは、少なくとも3つの面でこの状況を変える。コンピューターの作り方、プログラムの組み方、そして使い方だ。そして最終的には、コンピューターが何のために存在するのかも変えてしまうだろう。

インテル並列コンピューティング研究所のプラディープ・ドゥバイ所長は、「コンピューティングの中核は、数値演算から意思決定へと変化しています」と話す。また、マサチューセッツ工科大学(MIT)コンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL:Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)のダニエラ・ルス所長は、「AIはコンピューターを箱から解放しています」と言う。

AIが半導体を設計

第一の変化は、コンピューターとそれを制御するチップの製造方法に関するものだ。従来のコンピューティングの進歩は、機械が次々と計算していく速度が速まったことによってもたらされた。何十年もの間、チップメーカーが「ムーアの法則」に合わせて、メトロノームのように規則的にチップを高速化することで、世界は恩恵を受けてきたのである。

だが、現在のAIアプリケーションを動かしている深層学習モデルは、これまでとは異なるアプローチを必要としている。すべてを同時に実行するには、精度の低い膨大な …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Inside the US government’s brilliantly boring websites 米政府系サイトの常識を変えた「デザインシステム」革命
  4. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  5. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る