KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
Control Your Smartphone with Your Eyes

目で操作するスマホを
MITが研究中

研究者が開発したモバイルアプリは目の動きでゲームができるくらい、いろいろ操作できる by Rachel Metz2016.07.02

アイトラッキング(視線追跡)テクノロジーをスマートフォンに搭載するには、安価で、小さくて、高精度である必要がある。そこでマサチューセッツ工科大学(MIT)、ジョージア大学、ドイツのマックス・プランク情報科学研究所の研究者は、ユーザーがどこを見ているのかをリアルタイムで識別するために、クラウドソーシングで視線情報を収集したデータをソフトウェアに学習させている。

プロジェクトメンバーによると、ソフトウェアの学習により、ユーザーがどこを見ているのか、携帯電話では約1cm、タブレットでは約1.7cmの精度で判別できるという。

スマートフォンの画面の大きさを考えると、精度不足は否めない。MITの大学院生で、今週開催されたコンピューター・ビジョン会議で発表された論文の共著者であるアティディア・コースラ研究員は「商用アプリケーションに利用できる段階の精度ではない」と述べた。

だがコースラ研究員は、さらにデータが集まればシステムの精度は高まると信じている。従来のアイトラッキングは高価で、専用の機械が必要で、電話やタブレットなどの電子機器に機能を追加するのはやや無理があった。だが、開発中のアイトラッキングテクノロジーを実用化できれば、タップやスワイプすることなく、ゲームで遊んだり、スマートフォンを操作できるようになる。

To help them make eye-tracking software that runs on your smartphone, researchers first created an app that collects users’ gaze data.
スマートフォンで動作するアイトラッキングテクノロジーを開発するために、研究者はまずユーザーの視線のデータを集めるアプリを作った

研究はデータの収集から始まった。GazeCaptureというiPhoneアプリを作成し、研究所ではなく、日常の環境でユーザーが携帯電話をどう見るのかを調べた。スマートフォンの画面にパッと現れるドット(点)を見たときのユーザーの視線を携帯電話の前面カメラで録画し、ユーザーがアプリに集中していることを確かめるために「L」「R」と表示されるドットに応じて、画面の左側か右側をユーザーにタップさせた。

GazeCaptureで集めた情報は、iPhone上で動作するiTrackerというソフトウェアの学習データになり、スマートフォンのカメラがユーザーの顔をキャプチャし、頭や目の位置、その向きといった要素を認識し、視線が画面上のどこに集中しているかを割り出す。

コースラ研究員によると、これまで約1500人がGazeCaptureアプリを利用したが、1万人のデータを集めれば、iTrackerの有効精度は5mmにまで向上すると考えている。このレベルの精度があれば、さまざまなアイトラッキングアプリが利用できる。

コースラ研究員の望みは、医療診断で利用されることだ。複数の研究で、目の動きで統合失調症脳しんとうなどを診断できる可能性が分かっている。

アイトラッキングを研究しているクレムゾン大学のアンドリュー・ダハウスキー教授は、研究チームがモバイル機器上で動作するiTrackerを実用化できれば「大変」有益だと考えている。一方で、iTrackerが高速に動作し、バッテリーを消費し過ぎないことが重要だと述べた。

ダハウスキー教授もiTrackerからピクセル単位の精度になるとは考えていないが「それでもかなりよくなるかもしれない」とした。

人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  3. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  4. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
  5. How to talk to conspiracy theorists—and still be kind 「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント
レイチェル メッツ [Rachel Metz]米国版 モバイル担当上級編集者
MIT Technology Reviewのモバイル担当上級編集者。幅広い範囲のスタートアップを取材する一方、支局のあるサンフランシスコ周辺で手に入るガジェットのレビュー記事も執筆しています。テックイノベーションに強い関心があり、次に起きる大きなことは何か、いつも探しています。2012年の初めにMIT Technology Reviewに加わる前はAP通信でテクノロジー担当の記者を5年務め、アップル、アマゾン、eBayなどの企業を担当して、レビュー記事を執筆していました。また、フリーランス記者として、New York Times向けにテクノロジーや犯罪記事を書いていたこともあります。カリフォルニア州パロアルト育ちで、ヒューレット・パッカードやグーグルが日常の光景の一部になっていましたが、2003年まで、テック企業の取材はまったく興味がありませんでした。転機は、偶然にパロアルト合同学区の無線LANネットワークに重大なセキュリテイ上の問題があるネタを掴んだことで訪れました。生徒の心理状態をフルネームで記載した取り扱い注意情報を、Wi-Fi経由で誰でも読み取れたのです。MIT Technology Reviewの仕事が忙しくないときは、ベイエリアでサイクリングしています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  3. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  4. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
  5. How to talk to conspiracy theorists—and still be kind 「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る