レイチェル メッツ[ Rachel Metz ]

MIT Technology Reviewのモバイル担当上級編集者。幅広い範囲のスタートアップを取材する一方、支局のあるサンフランシスコ周辺で手に入るガジェットのレビュー記事も執筆しています。テックイノベーションに強い関心があり、次に起きる大きなことは何か、いつも探しています。2012年の初めにMIT Technology Reviewに加わる前はAP通信でテクノロジー担当の記者を5年務め、アップル、アマゾン、eBayなどの企業を担当して、レビュー記事を執筆していました。また、フリーランス記者として、New York Times向けにテクノロジーや犯罪記事を書いていたこともあります。カリフォルニア州パロアルト育ちで、ヒューレット・パッカードやグーグルが日常の光景の一部になっていましたが、2003年まで、テック企業の取材はまったく興味がありませんでした。転機は、偶然にパロアルト合同学区の無線LANネットワークに重大なセキュリテイ上の問題があるネタを掴んだことで訪れました。生徒の心理状態をフルネームで記載した取り扱い注意情報を、Wi-Fi経由で誰でも読み取れたのです。MIT Technology Reviewの仕事が忙しくないときは、ベイエリアでサイクリングしています。
  1. 2018.04.18 メッセージを振動に変換、フェイスブックが「皮膚で読む」試作機
  2. 2018.04.13 ザッカーバーグCEOが公聴会で証言、5時間の質疑もかみ合わず
  3. 2018.04.11 スマート・ウォッチでアルコール検査、皮膚埋め込み型チップ開発
  4. 2018.04.10 「ターゲティングはユーザーのため」ザッカーバーグCEO語る
  5. 2018.04.04 ツイッターの「健全性指標」公募は成功するか? 専門家はこう見る
  6. 2018.04.02 ロシア人研究者が語る、MSのヘイトAI騒動から学べること