KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
カバーストーリー 無料会員限定
This Technology Could Finally Make Brain Implants Practical

脳インプラントで視野再現、まずはマウスで実験

ハーバード大学医学大学院で、視力回復を目的とした脳インプラントの新装置を実験中だ。最終的には脳に埋め込んで、カメラの映像を電気信号に変換し、映像を再現することを目指している。 by Tom Simonite2017.02.10

脳インプラントが身体障がい者の生活をどう改善するかの研究成果はほろ苦い。

全身麻痺の人がロボット・アームでコーヒーをぐいぐい飲めたり、目が見えない人が光の点を「見える」ようになったりする脳インプラントの実験は、コンピューターと脳との相互作用という大きな可能性を示してきた。しかし、この種の治験で脳に埋め込まれた電極は、やがて傷口を修復する組織が形成されて脳細胞との電気接合が弱くなり、効果がなくなってしまうのだ(“The Thought Experiment”参照)。

来月、猿を使った新型脳インプラント装置の実験が始まる。時間経過による機能低下の問題に対処した新装置で、脳にデータを送り込む実験だ。プロジェクトの最終目標は、目が見えない人の視覚を長期的に回復させる装置の開発だ。

この実験では、ハーバード大学医学大学院の研究者グループが開発した新型脳インプラントを頭蓋骨の下に埋め込むが、脳組織内部までは入り込まず、脳の表層部にとどまる。毛髪状の装置内部に並んだ超小型コイルが強力かつ極めて局所的な磁場を生じさせ、装置の下部に位置する脳組 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る