KADOKAWA Technology Review
×
ディープマインド、AIで核融合炉内プラズマの制御に成功 
DeepMind
知性を宿す機械 Insider Online限定
DeepMind’s AI can control superheated plasma inside a fusion reactor 

ディープマインド、AIで核融合炉内プラズマの制御に成功 

アルファベット傘下の人工知能(AI)企業であるディープマインドは、深層強化学習AIで核融合炉内の磁場を制御し、超高温のプラズマを2秒間にわたって「電磁気の檻」に閉じ込めることに成功した。 by Will Douglas Heaven2022.02.18

英国に拠点を置く人工知能(AI)企業、ディープマインド(DeepMind)が、世界レベルの人工知能(AI)をハードサイエンスの課題に応用する一連の取り組みを続けている。同社は今回、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)スイス・プラズマ・センターと協力し、深層強化学習アルゴリズムを訓練して核融合炉内の過熱されたスープ状の物質を制御することを試みた。ネイチャー(Nature)誌に掲載されたこのブレークスルーによって、物理学者らの核融合への理解が深まり、無限のクリーンエネルギーの実現が早まるかもしれない。

「強化学習の現実世界への応用として、これは最も難しい課題のひとつです」と、ディープマインドの研究者、マーティン・リードミラー博士は話す。

核融合では、水素原子の原子核同士を強制的に結合してヘリウムなどのより重い原子を形成する。少量の燃料で大量のエネルギーを生み出せるため、非常に効率の良いエネルギー源となる。化石燃料や、原子核を強制的に分裂させる核分裂でエネルギーを発生させる従来の原子力発電よりも遥かにクリーンかつ安全だ。核融合はまた、恒星のエネルギー源にもなっている。

しかし、地球上で核融合を制御するのは難しい。問題は原子核がお互いに反発し合うことだ。核融合炉内での原子核同士の衝突は、大抵の場合数億度(太陽の中心部よりも熱い)という超高温でのみ実現可能だ。このような高温状態では物質は、固体でも液体でも気体でもない、プラズマと呼ばれる第4の状態になる。プラズマは、過熱され、撹乱された粒子のスープのような状態だ。

求められるのは、エネルギーを抽出できるよう、核融合炉内でプラズマを …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る