KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
アメリカ先住民のための暗号通貨「マザコイン」開発者の夢
SHAWN HAZEN
ブロックチェーン 無料会員限定
He created an indigenous digital currency. The dream is still alive.

アメリカ先住民のための暗号通貨「マザコイン」開発者の夢

暗号通貨「マザコイン」を立ち上げたハリスは、アメリカ先住民のための主権通貨システムを構築するという夢を抱いている。通貨は立ち上げ以来、浮き沈みを繰り返しているが、彼の夢は当初よりも明確化しているようだ。 by Tate Ryan-Mosley2022.05.09

パユ・ハリスは、自分の祖母のために暗号通貨を作りたいと考えていた。彼が言うに、すべてのおばあちゃんや、ラコタ(スー)族の居留区に住む先住民の人々のためにそうしたいと考えている。特に、米国サウスダコタ州のパイン・リッジ・インディアン居留地の郊外に住んでいて、電気もインターネットもほとんど使えない貧しい人々のためだという。ハリスは、自分が発案した暗号通貨「マザコイン(MazaCoin)」は、祖母が毎日使えば成功と言えるだろうと主張する。これが実現可能性が低いように思えるのであれば、実際そうだ。実際、マザコインは、ハリスが発案してからずっと、浮き沈みを繰り返してきた。しかし、10年経った今、ハリスの夢は、当初より少し複雑になったとはいえ、より明確なものとなっている。

ハリスが友人から初めてビットコインについて聞いたのは、パイン・リッジ近くのショッピングモールで働いていたときのことだ。それからハリスは、日中はノートPCを立ち上げっぱなしにしてビットコインを採掘し、タバコを吸う合間に取引をチェックしていた。他の多くの暗号資産マニアと同じように、ハリスはビットコインの誇大宣伝にますますのめり込み、休日にはコーディングを学んだり、暗号通貨のホワイトペーパーを読んだりしていた。そしてやがて、「アノニマス・パイレート(AnonymousPirate)」というペンネームで知られるプログラマーとともに、ラコタ民族の亜族であるオグララ・スー族のためのデジタル通貨の取り組みである「オヤテ・イニシアチブ(Oyate Initiative)」を立ち上げた。ハリスは、部族の居留地に自立した経済を提供しようと熱心に取り組んだ。

2013年のフォーブス誌に掲載された記事の中で、ハリスはオヤテ・イニシアチブを 「ナード(おたく)の復讐」と呼んでいる。100年以上前のウーンデッド・ニー虐殺事件により荒廃したラコタ族などの先住民グループは、居留地制度の初期から、独自の先住民通貨を構築 …

暗号通貨「マザコイン」を立ち上げたハリスは、アメリカ先住民のための主権通貨システムを構築するという夢を抱いている。通貨は立ち上げ以来、浮き沈みを繰り返しているが、彼の夢は当初よりも明確化しているようだ。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る