KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
米「中絶違法化」で注目の経口中絶薬、その仕組みとリスクは?
Ms Tech | Getty
生命の再定義 無料会員限定
Where to get abortion pills and how to use them

米「中絶違法化」で注目の経口中絶薬、その仕組みとリスクは?

米国で中絶の権利を認めた過去の判例が覆され、一部の州では人工中絶が違法となる可能性が高まっている。今後、使用が増えるとみられる経口中絶薬の仕組みとリスクについて、専門家に話を聞いた。 by Antonio Regalado2022.06.22

米国連邦最高裁判所が、中絶を憲法上の権利として正式に認めた1973年のロー対ウェイド事件判決を覆せば、米国の一部の州では性と生殖に関する権利(リプロダクティブ・ライツ)の暗黒時代にいつ突入してもおかしくない状況になるだろう。医師は人工妊娠中絶手術を禁じられ、レイプや近親相姦を受けた場合や、胎児に遺伝的異常がある場合でも中絶ができなくなる。

だが、まだ大きな抜け穴が1つある。これら係争中の州法のほとんどが、中絶を求める人を罰則対象から外しているのだ。考え得る結末は、いわゆる経口中絶薬を使用して自宅で妊娠を終わらせる人の数が増加することである。

経口中絶薬は安全であり、医師によって広く処方されているが、本来であれば医師の指導のもとで使い、使用前後に検診を受けるのが理想的だ。しかし、ロー判決がまもなく覆され、個々の州が独自の中絶規則を設けるようになる可能性があるため、一般市民は経口中絶薬を入手して自分で使用する方法を知りたがっている。「自己管理型」中絶と呼ばれる処置である。

MITテクノロジーレビューは、経口中絶薬の仕組み、入手先、医師の診察なしに使用することでどのようなリスクがあるのかを調べるため、医療専門家や性と生殖に関する権利を専門とする弁護士に話を伺った。

Q:薬剤による中絶とは?

経口中絶薬を使用して意図的に妊娠を終わらせることを意味する。

経口中絶薬は22年前に米国で導入され、ゆっくりとではあるが着実に他の中絶方法に取って代わってきた。シンクタンク「ガットマッハー研究所(Guttmacher Institute)」によれば、米国の中絶件数の50%以上が経口中絶薬を使用したものだとされる。通常、中絶薬は医師または看護師によって処方され、患者は服用前後に医療専門家と面談する。

Q:経口中絶薬は外科的中絶より優れているのか?

妊娠初期の場合、外科的中絶は医師がアスピレーター(たいていはプラスチック製のチューブ)を使用して子宮内容物を吸引する処置となり、1日で完了する。

薬剤による中絶の場合はもっと長くなり、数日はかかる。だが、内密にしやすく、クリニックへの抗議者から非難を浴びずに済む。また、薬剤による中絶の方が費用がかからない。最終的に支払うことになる額は保険やその他の要因によって異なるが、薬剤による中絶の場合は通常200~300ドルほどで、外科的中絶の場合は750~1000ドルだ。

Q:遠隔医療中絶とは?

遠隔医療中絶とは、医師の遠隔指導のもと、経口中絶薬を使用して自宅で実施する中絶のことである。

遠隔医療中絶は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中で広まり、米国のいくつかの州で認められている。通常は、オンライン診療で医師が妊娠時期を判断する手助けをし、経口中絶薬を処方する。中絶薬は郵便で届くか薬局で受け取ることになる。遠隔医療中絶を提供する団体としてはカラフェム(Carafem a)やエイド・アクセス(Aid Access)などがある。

遠隔医療ではクリニックに行くことはないが、それでも医師の指導を受けられる。

Q:自己管理型中絶とは?

医師の関与、さらには処方箋もなしに経口中絶薬を入手して自宅で使用することだ。国境なき医師団によると、自己管理型中絶とは「医療機関ではないところで経口中絶薬を入手して服用すること」であり、オンラインガイド、電話相談、海外の薬局の助けを借りることが多い。

Q:薬剤の種類は?

米国では、薬剤による中絶にミフェプリストンとミソプロストールという2種類の薬剤が通常用いられており、これらを1日おきまたは2日おきに服用する。ミフェプリストンとミソプロストールは、最後の生理日から数えて70日(10週間)までの妊娠を終わらせるために処方される。

どちらの薬剤も、単独で80%を上回る確率で妊娠を終わらせることができる。だが、併用すると効き目が高まり、10週未満の妊娠の約95%を終わらせることができる。

Q:これらの薬剤のメカニズムは?

ミフェプリストン(商品名はミフェプレックス)は、「妊娠ホルモン」としても知られているプロゲステロンの作用を阻害する合成化合物である。プロゲステロンが使おうとする細胞内の同じ受容体に結合することでその作用を阻害する。プロゲステロンが十分にないと、妊娠を維持している子宮内膜が出血し始め、やがて剥がれ落ちる。

当時コードネーム「RU-486」で知られていたミフェプリストンは、ポピュレーシ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る