KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
米地方警察で進む透明性な監視テクノロジー導入、テロ対策名目で
Photo Illustration: Stephanie Arnett/MITTR, unsplash
コネクティビティ 無料会員限定
How US police use counterterrorism money to buy spy tech

米地方警察で進む透明性な監視テクノロジー導入、テロ対策名目で

米国の地方警察が、テロ対策を目的とする連邦政府の助成金によって、監視テクノロジーの導入を進めていることが分かった。使途を明確に開示する必要がないことから、不透明な状況にある。 by Tate Ryan-Mosley2023.01.12

テロ対策支援を目的として米国の各都市に提供されている助成金が、自治体警察の監視テクノロジーに使われていることが、新しい報告書によって明らかになった。

連邦政府の資金が自治体警察の予算を支えていることは、これまでも知られていた。しかし今回、人種・経済に関するアクションセンター(ACRE)、リトルシス(LittleSis)、メディアジャスティス(MediaJustice)、移民防衛プロジェクト(Immigrant Defense Projec)といった権利擁護団体がまとめた報告書によって、連邦政府の補助金が従来理解されていた領域よりも広い範囲で使われていることが分かった。

連邦緊急事態管理庁(FEMA)が運営する国土安全保障補助金プログラムは、2002年以降、州および地方当局に少なくとも280億ドルを提供してきた。この資金はテロ対策を目的としており、多くの都市が当てにしている緊急事態に備えるための資金にもなっている。

しかし実際は、この連邦プログラムが「監視テクノロジーの大量購入」のための資金になっていたことが明らかになった。例えば、研究者が入手した公的記録によると、ロサンゼルス警察はこのプログラムの補助金を使って、少なくとも127万ドル相当の自動ナンバープレート読取り装置や、2400万ドル以上の無線機器を購入している。その他にも、パランティア(Palantir )のデータ統合プラットフォーム(予測捜査に使われることが多い)、ソーシャルメディア監視ソフトウェア、60万ドル以上をつぎ込んだモバイルサイト表示シミュレーター、そしてSWAT(特殊部隊)の装備品もこの連邦補助金を使って購入されている。

これらの助成金は連邦政府から提供されているため、何を購入したかを公にしないことができる。というのも、自治体警察の予算の大半は税金(地方税)からの支出のため使途を説明する必要があるのに対し、連邦助成金はそれほどの透明性や監視が要求されないからだ。今回の調査結果は、警察が市民に対してどのような技術を調達しているのかを秘匿している状態が、以前にも増して一般的になりつつあるという新しい一例だ。

「警察の監視テクノロジーの入手や使用については、その他の多くの政府購入品以上に、厳密な監視下に置かれるべきです。こうしたツールは、市民の自由に対して深刻な脅威を与える可能性があるからです」。電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)で調査や監視について研究しているベリル・リプトン研究員は、今回の報告書を精査した後、メールでMITテクノロジーレビューに語った。

「しかしこの種の装備品について、透明性が欠如していることがよくあります。当局は権利を侵害するツールに関して、説明責任を果たしたくないからです」(リプトン研究員)。

「隠れた資金 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る