KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Startup That’s in Charge of the Biggest Private Satellite Fleet

人工衛星149基を運用 プラネット・ラボの全地球画像ビジネス

人工衛星88基を一度に打ち上げ、合計149基の人工衛星を保有するプラネット・ラボは、地球の全表面の画像を毎日更新しようとしている。グーグルの衛星事業も買収済みで、1ピクセルあたり約1~3mの解像度の画像を企業や研究者が購入できるようになる。 by Nick Romeo2017.03.01

地球画像の観測事業を展開するスタートアップ企業のプラネット・ラボは、2月初め、インドの宇宙機関が小型人工衛星88基を軌道に乗せたことで、人工衛星を一度に打ち上げた世界記録達成に貢献した。

たくさんの人工衛星を打ち上げたことで、プラネット・ラボは民間事業者で史上最多の合計149基の人工衛星を軌道上に保有することになり、自社も世界記録を達成した。

プラネット・ラボのマイク・サフィアン・ディレクター(発射・渉外担当)は、衛星の数が増えたことで、今後3カ月以内に地球の表面全体の写真を毎日撮影するという(他社の前例はない)同社の主要目標を達成できるだろうと予想している。すでにプラネット・ラボでは、地球の表面のうち約5000万平方km(北米大陸全体の2倍の広さ、地球全体の表面積は約5億1000万平方km)を毎日撮影している。

人工衛星の費用を抑え、サイズを縮小する(衛星1基はバックパック1個とほぼ同じ大きさで、重さは約4Kg)ことで、プラネット・ラボと同業数社は、多数の衛星を打ち上げ、維持することの経済性を変えてきた。

スタンフォード大学宇宙ランデブー研究所の創設者でもある同大のシモーネ・ダミコ助教授(航空宇宙学)は「米国航空宇宙局(NASA)のような機関とは対照的に、プラネット・ラボは非常に活発で、頻繁に衛星を打ち上げて品質を改良しています。画像の解像度はまずまずですが、撮影範囲は素晴らしいです」という。

現時点のプラネット・ラボの取 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント