1. コネクティビティ
    先頃のインドによる衛星破壊実験で宇宙ゴミ(デブリ)が増えたことに米航空宇宙局(NASA)の長官は不快感を表明した。しかし今後、衛星の巨大コンステレーションが打ち上げられると地球低軌道の混雑度はますます増し、衝突したり、衝突を避けるための操作がミッションに支障をきたしたりするようになるだろう。 Mark Harris6カ月前
  2. 知性を宿す機械
    宇宙をもっと安くする、成層圏気球ビジネスが上昇中
    米国の2つの企業が、科学実験向けの成層圏気球ミッションの費用を引き下げようとしている。大きさ、積載量、浮揚時間でNASAの気球にはかなわないが、絶対的な価格の安さには、多くのメリットがある。 Jamie Condliffe2年前
  3. コネクティビティ
    小型人工衛星(CubeSats)が切り開く新市場
    投資家や起業家は、小型人工衛星(CubeSats、大学等の研究機関が作成する立方体形状の小型人工衛星で、打ち上げ費用が格安なのが特徴)が、地球の撮影や電気通信の新市場を生み出すと確信している。 Mike Orcutt2年前
  4. コネクティビティ
    人工衛星の低コスト化で「ケスラーシンドローム」が現実化
    古い衛星を大気圏に突入させて燃やさないまま、人工衛星を打ち上げ続けれれば、衛星同士が衝突する危険性が高まる。衛星同士が次々に衝突すれば衛星軌道がゴミだらけになる「ケスラーシンドローム」が現実化しかねない。 Jamie Condliffe2年前
  5. コネクティビティ
    人工衛星149基を運用 プラネット・ラボの全地球画像ビジネス
    人工衛星88基を一度に打ち上げ、合計149基の人工衛星を保有するプラネット・ラボは、地球の全表面の画像を毎日更新しようとしている。グーグルの衛星事業も買収済みで、1ピクセルあたり約1~3mの解像度の画像を企業や研究者が購入できるようになる。 Nick Romeo3年前
  6. ビジネス・インパクト
    宇宙少女がMITを卒業し、
    人工衛星用スラスターで起業
    超小型スラスター(姿勢制御用推進装置)のブレークスルーテクノロジーで人工衛星業界に飛び込んだ起業家。 Signe Brewster3年前