KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
Video: MITTR Emerging Technology Nite #22 Plus

「生成AI革命」アーカイブ配信:技術から事例、法的論点まで議論

MITテクノロジーレビューは、「生成AI(ジェネレーティブAI)革命」による影響や可能性を多角的に議論するイベントを4月25日に東京・大手町で開催した。5人の識者による講演・パネルディスカッションのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer2023.05.09

ChatGPTに代表される大規模言語モデル、DALL-EやStable DiffusionなどのText to Imageモデルの登場は、熱狂的なAIブームを巻き起こしている。社会に大きな変革をもたらす可能性がある「生成AI(ジェネレーティブAI)革命」とは何か? MITテクノロジーレビュー[日本版]は、その可能性を多角的に議論するイベント「Emerging Technology Nite #22 Plus
生成AI革命——破壊的テクノロジーがもたらすチャンスとリスク」を4月25日に緊急開催した。

東京・大手町の会場「Global Business Hub Tokyo」には100名以上が参加したほか、Zoomでも500人が参加した本イベント。5人の識者による講演・パネルディスカッションのアーカイブ動画を、MITテクノロジーレビューの有料会員限定で特別配信する。

※配信機材の都合上、一部見づらい点 や聞きづらい点があります。ご容赦ください。

▼【有料会員限定】有料会員(Insider Online)としてログインすると、以下にセッションごとの動画が表示されます。無料会員/非会員の方はサンプルをご覧ください。




テクノロジー視点での生成AIの捉え方ーGANから拡散モデルへ、深層生成モデルの技術的発展
 鈴木 雅大 氏(東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任助教)


最新活用事例から学ぶ、生成AIビジネスの可能性
ジェリー・チー 氏(Stability AI Japan株式会社 代表取締役)


生成AIはゲーム/エンタメをどう変えるか
三宅陽一郎 氏(ゲームAI研究者・開発者/立教大学 特任教授)


AIとアート・音楽・人の創造性の未来— 創るためのAIのいま
 徳井 直生 氏(アーティスト/株式会社Qosmo代表取締役/慶應義塾大学特別招聘准教授)


生成AIの法的・倫理的な論点
水野 祐 氏 (法律家・弁護士(シティライツ法律事務所))


パネルディスカッション/ライブQ&A

 

人気の記事ランキング
  1. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  4. Covid hasn’t entirely gone away—here’s where we stand 新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
タグ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
MITテクノロジーレビュー[日本版]が開催するイベント情報をお知らせします。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  4. Covid hasn’t entirely gone away—here’s where we stand 新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る