KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
eムック Vol.52「『若返り』研究」特集号
TR
eMook Vol.52 has just arrived

eムック Vol.52「『若返り』研究」特集号

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.52 / 2023.08をリリースした。「『若返り』研究 老化の壁は乗り越えられるか」特集をお届けする。 by MIT Technology Review Japan2023.08.28

人類の究極の夢である「若返り」が今、一大投資分野へと発展している。グーグルやアマゾン、オープンAIの創業者といったシリコンバレーのセレブからサウジアラビア王室までもが、加齢による病気を防ぎ、健康寿命を伸ばそうと、抗老化(アンチエイジング)研究を推進しているのだ。豊富な資金は、世界中の研究者たちを魅了し、優秀な人材の争奪戦も始まっている。果たして近い将来、「若返りの泉」は見つかるのか。虚実が錯綜する抗老化研究の現在を追った。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.52/ 2023.08

特集:「若返り」研究 老化の壁は乗り越えられるか

  • きっかけは「山中因子」、若返り研究の最前線
  • 老化は「病気」か? WHO分類30年ぶり改訂に賛否
  • 愛犬の「長生き」目指す 科学者が見据えるペットの先
  • 参加資格は100万ドル、セレブ限定会議の知られざる内幕
  • 高齢者に運動はなぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  • 抗老化研究にビッグスポンサー、サウジが年間10億ドル投じる狙い

U35 イノベーターの軌跡#04

  • 本多達也(富士通)
    オンテナ開発者が示す「社内社会起業家」という生き方

News & Trends

  • 新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
  • MIT発スタートアップが挑む「クリーンなセメント」
  • 最新AIモデルで変わる気象予報、3時間先の豪雨も予測
  • 空に浮かぶ緑の船、大型飛行船ブームは離陸するか?
  • 海運業界も脱炭素へ、2050年「実質ゼロ」に何が必要か?
  • メタ、大規模言語モデル「Llama 2」でオープンAIに対抗

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら

人気の記事ランキング
  1. AI can make you more creative—but it has limits 生成AIは人間の創造性を高めるか? 新研究で限界が明らかに
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Interview with Prof. Masayuki Ohzeki: The Future of Quantum Computer Commercialization and the Qualities of Innovators 量子技術を最速で社会へ、大関真之教授が考えるイノベーターの条件
  4. Robot-packed meals are coming to the frozen-food aisle 「手作業が早い」食品工場でもロボット化、盛り付け完璧に
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る