KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト Insider Online限定
This Entrepreneur Dares You to Hack His Gadgets

欧米流の知財しか知らない日本企業は中国企業に絶対勝てない

中国流の知財の概念は、野蛮・無法なのではなく、知財の別解釈だと捉えないと、勝てるはずがない。ムーアの法則の減速によって、産業界のルールを書き改める時機にあるのかもしれない。 by Elizabeth Woyke2017.03.10

連続起業家(serial entrepreneur)のアンドリュー・"バニー"・フアンは、一般消費者向け製品のメーカーは、ハードウェアの設計を公開して、誰でも中身を見て改造できるようにすべきだ、という信念がある。自身の複数のスタートアップ(チャンビー(Chumby)、ノベナ(Novena) 、チビトロニクス(Chibitronics))で実際に情報を公開しており、さらにオープンソース・ハードウェアの設計開発、製造での経験を最近出版された自著『The Hardware Hacker: Adventures in Making and Breaking Hardware(ハードウェア・ハッカー:ハードウェアを作って壊すという冒険)』で詳しく述べている。MIT Technology Review の取材に応じたフアンは、製品ユーザーのコミュニティーを育成するメリット、ムーアの法則がオープン・ハードウェアに与える影響、中国におけるオープンソースの現状について語った。

以下の内容は、読みやすいように編集、要約した抜粋だ(日本版では未提供のInsider Premiumの定期購読者は、こちらでインタビュー全体の音声を聞ける)。

ファンさんは10年間でオープン・ハードウェア・プラットフォームを3社も立ち上げましたね。チャンビーは無線LANを利用したコンテンツ配信ガジェット、ノベナはオープンソースのノートPC、チビトロニクスは自作マシン作成や教育用途のユーザーが自由に組み合わせられる電子基板セットが製品です。こういった企業を基本的にオープンソースを原則として運営し、ソースコードや回路図をネット上で無料開放した理由と経緯を教えてください。

自分の開発した製品に対するユーザーの不満や、不満点にどう対処したかを知り、学ぶことに価値があると思うのです。製品の回路図や基盤の価値は、製造工程全体から見れば、実はごくわずかな断片にすぎないのです。回路図や基盤、ソースコードに関する知的財産を公 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る