KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
米国でディープフェイクポルノ規制が加速、高校生の被害受け
Stephanie Arnett/MITTR | Getty, Unsplash
倫理/政策 無料会員限定
A high school’s deepfake porn scandal is pushing US lawmakers into action

米国でディープフェイクポルノ規制が加速、高校生の被害受け

10代の若者たちがAIを使って、30人以上の少女の卑猥な画像を同意なく作成したことを受け、議員たちが迅速な対応を見せている。こうした行為を犯罪として取り締まる法律を整備しようというのだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.04

10月20日、ニュージャージー州の高校に通うフランチェスカ・マニは、校内のカウンセラー室に呼び出された。14歳のフランチェスカは、競技フェンシングに取り組む2年生で、厄介事とは無縁の生徒だったが、その日、ある噂が校内を駆け巡っていた。夏休みの間に、同校の男子生徒たちが人工知能(AI)を使って、一部のクラスメートの卑猥な写真を作成したというのだ。中には、ポルノ写真さえあったという。学校側はフランチェスカに、被害に遭った30人以上の女子のうちの1人だと告げた。

フランチェスカはその日、自分の写真を見なかった。そして、今も見るつもりはない。その代わりにフランチェスカは、もう誰もこのよう行為の標的にされないようにすることに、全力で取り組んでいる。

写真のことを知ってから24時間も経たないうちに、フランチェスカは4人の地元議員に手紙を書いて今回の事件のことを伝え、行動を起こすように依頼した。そのうちの3人はすぐに返事をくれた。ニューヨーク州選出のジョー・モレル米下院議員、ニュージャージー州選出のトム・キーン・ジュニア米下院議員、そしてニュージャージー州のジョン・ブラムニック州上院議員である。フランチェスカの働きかけは、この数週間ですでに新たな立法の動きへとつながり、米国における、同意のないディープフェイク・ポルノを規制する流れが加速している。

「あの日、私は声を上げなければならないと気づきました。あってはならないことだと、強く思ったからです」と、 フランチェスカは電話取材で話してくれた。「これはとても新しいテクノロジーです。どのようなものなのか、そしてどうやって自分の身を守ればいいのか、みんなまだよくわかっていません」。この数週間でフランチェスカは15歳の誕生日を祝っただけでなく、他のディープフェイク・ポルノ被害者にリソースを提供する新たなWebサイトも立ち上げた。

ディープフェイクとは、AIによってもっともらしく加工操作された画像であり、異なるメディアから取得した顔写真や声を入れ替えて作成されることが多い。2019年と2021年の研究報告によると、ディープフェイクは主にポルノのために利用されており、その画像に登場する人々の同意を得ていないことの方が圧倒的に多い。問題は、同意がないことだけにとどまらない。ディープフェイクは、ネット上の人々のプライバシーに関し、深刻な懸念をかき立てている。

昨年からAIツールが急速に普及し、その人気は高まり続けている。それに伴い、ディープフェイク・ポルノや、AIで画像を生成する形のセクシャルハラスメントも増加する一方だ。たとえば、9月にはスペインで、推定20人の少 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. AI can make you more creative—but it has limits 生成AIは人間の創造性を高めるか? 新研究で限界が明らかに
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Interview with Prof. Masayuki Ohzeki: The Future of Quantum Computer Commercialization and the Qualities of Innovators 量子技術を最速で社会へ、大関真之教授が考えるイノベーターの条件
  4. How to fix a Windows PC affected by the global outage 世界規模のウィンドウズPCトラブル、IT部門「最悪の週末」に
  5. Robot-packed meals are coming to the frozen-food aisle 「手作業が早い」食品工場でもロボット化、盛り付け完璧に
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る