KADOKAWA Technology Review
×
eムック Vol.56「アクセシビリティ」特集号
TR
eMook Vol.56 has just arrived

eムック Vol.56「アクセシビリティ」特集号

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.56 / 2023.12をリリースした。「アクセシビリティ 誰もが住みやすい世界を作る」特集をお届けする。 by MIT Technology Review Japan2023.12.25

人工知能(AI)やモバイル・デバイスなどの新たなテクノロジーの登場は、障害がある人のコミュニケーションを支援し、アクセシビリティを高める強力なツールとしてしばしば期待されてきた。だが、テクノロジーの急速な進歩に対して、アクセシビリティ支援ツールの進歩は得てしてゆっくりとしたものだ。また、優れたツールやテクノロジーが存在しても、さまざまな事情から利用できない「格差」の問題も存在している。テクノロジーを効果的に活用し、私たち全員にとってより住みやすい世界を模索する取り組みを紹介する。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.56 / 2023.12

特集:アクセシビリティ 誰もが住みやすい世界を作る

  • 「iPadの魔法」はアクセシビリティに革命をもたらしたのか?
  • 「触覚で見る」世界をつくる ニューヨーク図書館の試み
  • デジタル格差と気候変動 「ネット不足」が拡大する自然災害のリスク
  • ソニフィケーションが変える科学のアクセシビリティ

U35 イノベーターの軌跡#08

  • 成田 海(3D Architech)
    3Dプリントで材料と構造を変える、次世代のモノづくり

News & Trends

  • イスラエル・ガザ紛争で学術界にも内紛、苦悩する科学者
  • AIの安全性に関する米大統領令、押さえておくべき3つのポイント
  • クモの糸を超える意外な「世界最強」の天然物質
  • 「聞きたい音」を選べるノイズキャンセリング技術
  • 熱電池で重工業を脱炭素化、スタートアップが初の大規模製造施設

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら

人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る