KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
赤ちゃんは言語をどう学ぶのか?ヘッドカメラでAIを訓練した結果
Wai Keen Vong
人工知能(AI) 無料会員限定
This baby with a head camera helped teach an AI how kids learn language

赤ちゃんは言語をどう学ぶのか?ヘッドカメラでAIを訓練した結果

幼児の頭部に装着したビデオカメラの映像を用いて訓練されたニューラル・ネットワークは、大規模言語モデルよりもはるかに少ないデータで、単語と対象物を一致させられるようになることがわかった。 by Cassandra Willyard2024.02.05

人間の赤ちゃんは、どんなに優れた大規模言語モデルよりもはるかに高い学習能力をもっている。オープンAI(OpenAI)の「チャットGPT(ChapGPT)」がまともな英語を書けるようになるには、数百万~1兆語の単語を用いた膨大なデータセットによる訓練が必要だった。それに比べて子どもがアクセスできるデータ量ははるかに少ないが、3歳までにはかなり高度なコミュニケーションが可能となる。

ニューヨーク大学の研究チームは、人工知能(AI)が赤ちゃんと同じような方法で学習できないかと考えた。はるかに少量のデータセット、つまり会話を学ぶ一人の子どもが経験する光景や音声を与えられたAIモデルは、何ができるようになるのだろうか。

実験の結果、多くのことができるようになることがわかった。 AIモデルは単語と、その単語が示す物体を一致させられるようになったのだ。 ニューヨーク大学の計算認知科学者であり、この研究の論文の著者でもあるブレンデン・レイク助教授は、「子どもが一瞬で経験することの中には、単語学習に真に必要なデータが豊富に存在しています」と言う。2024年2月1日にサイエンス(Science)誌に掲載されたこの研究は、赤ちゃんの学習方法に関する洞察を提供するだけでなく、より良いAIモデルの開発につながる可能性がある。

研究チームはこの研究で、オーストラリアのアデレード近郊に住む子どもに装着したヘルメットカメラの映像61時間分を使用した。被験者となったサムという子どもは、生後6か月から2歳の誕生日を少し過ぎるまでの1年半、カメラを付けたり外したりしながら過ごした。カメラは、サムが起きている時間の約1%で見たり注目したりしたものを捉えていた。カメラが捉えたものは、サムの2匹の猫、両親、ベビーベッド、玩具、自宅、食事、その他さまざまなものだった。「このデータセットは本当に唯一無二でした」とレイク助教授は言う。「一人の子どもが接するものを知るための、かつてない最高の手がかりとなりました」。

レイク助教授たちは、AIモデルを訓練するため、60万本の映像と、撮影時に部屋にいたサムの両親や他の人々が話したフレーズ(合計3万7500回の「発話」)を組み合わせてモデルの訓練に使用した。言葉と対象物が一致する場合とそうでない場合があった。たとえば、ある映 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  2. AI companies are finally being forced to cough up for training data 「訓練データはタダではない」音楽業界が問う生成AIの根本的問題
  3. AI is poised to automate today’s most mundane manual warehouse task パレット積載ロボに「AI後付け」、物流問題の現実解に挑む
  4. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る