KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
eムック Vol.58「テクノロジーと倫理」特集号
TR
eMook Vol.58 has just arrived

eムック Vol.58「テクノロジーと倫理」特集号

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.58 / 2024.02をリリースした。『テクノロジーと倫理 問われる「責任ある進歩」』特集をお届けする。 by MIT Technology Review Japan2024.02.28

テクノロジーの進歩は時に新たな問題を生む。生成AIはネット上からあらゆる創作物を無断で収集し、クリエイターの存在を脅かす。そのデータを確認するのは途上国の極めて安価な労働力だ。他方、最先端の遺伝子療法は、「試す権利」という難問を突きつける。生命に関わる疾患を抱える患者には、効果が十分に立証されていない治療法でも認めるべきなのだろうか。今回の特集では、イノベーションで置き去りにされがちな、倫理の問題にスポットを当てる。テクノロジーに倫理的な思考を組み込むヒントにしてほしい。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.58 / 2024.02

特集:テクノロジーと倫理 問われる「責任ある進歩」

  • 戦争とAI 曖昧化する責任の境界線
  • 「AI企業はフリーパス状態」ジョイ・ブオラムウィニ博士の闘い
  • 「試す権利」の問題 実験的治療はどう認められるべきか
  • 「テクノロジー倫理」という新しい宗教の台頭

U35 イノベーターの軌跡#10

  • ケンプス・ランドン(レタラ)
    ロケット「相乗り」時代を開拓する起業家

News & Trends

  • ディープマインドの新AI、数学オリンピック級の問題を解く
  • ブタの臓器利用で新展開、脳死患者に肝臓を3日間体外接続
  • 見よう見まねで料理もできる低コストなAI自律型ロボット
  • 脳しんとうから選手や兵士を守れ、衝撃を計測するマウスピース

Opinion

  • エリック・シュミット寄稿:「生成AI時代の大統領選」に備える6つの提案

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  3. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  3. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る