KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
顔から全身へ、英ユニコーンの超リアルなAI生成アバターが進化
Courtesy Synthesia
人工知能(AI) 無料会員限定
Synthesia’s hyperrealistic deepfakes will soon have full bodies

顔から全身へ、英ユニコーンの超リアルなAI生成アバターが進化

英国のユニコーン企業であるシンセシア(Synthesia)が新たなAIアバター技術を年内にリリースする。顔だけでなく手などの体の動きも生成するという。 by Melissa Heikkilä2024.06.26

この記事の3つのポイント
  1. シンセシアのAIアバターが大幅アップデート
  2. 全身表現や複雑な感情表現が可能になる
  3. 自家製アバター作成が容易になり普及が加速する
summarized by Claude 3

スタートアップ企業のシンセシア(Synthesia)の人工知能(AI)生成アバターがアップデートされ、これまでよりさらにリアルになり、近々、動く体とジェスチャーをする手を持つようになる。

新しい全身アバターは、ダンスをしながら歌ってマイクを振り回したり、机の後ろから移動して部屋を横切ったりすることができるようになる。また、シンセシアのビクター・リパーベリ最高経営責任者(CEO)によると、興奮、恐怖、緊張など、これまで以上に複雑な感情を表現できるようになるという。シンセシアは、この新しいアバターを年末までにリリースする予定だ。

「実に見事です。他にこれを実現している企業はありません」。バース大学のAI研究者で、シンセシアの研究開発には関与していないジャック・サンダース研究員は言う。

サンダースが試用した全身アバターは、時折手が「スライス」し合うなどの小さなエラーが見られるものの、非常に優れているという。しかし、「そのようなエラーに気づくほど注意して見ることはないでしょう」とサンダースは話す。

シンセシアは4月、ディープフェイクとしても知られる超リアルなAIアバターの最初のバージョンをリリースした。このアバターは、大規模言語モデルを使い、話している言葉の感情と表情や声のトーンを一致させる。画像や映像を生成するAIシステムで使用される拡散モデルが、アバターの見た目を作成する。ただ、4月時点のバージョンでは胴体から上しか表示されないため、せっかくの見事なリアリティが損なわれる可能性があった。

全身アバターを作成するために、シンセシアはこれまでよりさらに大きなAIモデルを構築している。ユーザーはスタジオに行って自分の体の動きを記録する必要がある。

この全身アバターの利用介しに先駆け、手 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る