KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
メリッサ・ヘイッキラ[ Melissa Heikkilä ] 米国版 AI担当上級記者
MITテクノロジーレビューの上級記者として、人工知能とそれがどのように社会を変えていくかを取材している。MITテクノロジーレビュー入社以前は『ポリティコ(POLITICO)』でAI政策や政治関連の記事を執筆していた。英エコノミスト誌での勤務、ニュースキャスターとしての経験も持つ。2020年にフォーブス誌の「30 Under 30」(欧州メディア部門)に選出された。
  1. 2024.04.23 生成AI革命の次は「ロボット革命」 夢が近づく3つの理由
  2. 2024.04.22
  3. 2024.04.11 EUのAI法は厳しい?緩い? 立法に関わったキーパーソン語る
  4. 2024.04.03 AI生成テキストの透かし、改ざんは簡単 新研究で実証
  5. 2024.04.02 仕組みは不明でも製品化は過熱、生成AIブームの落とし穴
  6. 2024.03.28 「クリエイター搾取しない」 業界の異端児、アドビの生成AI戦略
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る