KADOKAWA Technology Review
×
メリッサ・ヘイッキラ[ Melissa Heikkilä ] 米国版 AI担当上級記者
MITテクノロジーレビューの上級記者として、人工知能とそれがどのように社会を変えていくかを取材している。MITテクノロジーレビュー入社以前は『ポリティコ(POLITICO)』でAI政策や政治関連の記事を執筆していた。英エコノミスト誌での勤務、ニュースキャスターとしての経験も持つ。2020年にフォーブス誌の「30 Under 30」(欧州メディア部門)に選出された。
  1. 2023.02.07
  2. 2023.02.01 2023年、EUのAI規制は「生成AI」ブームをどう変えるか?
  3. 2023.01.31 GAFAレイオフでも「AI冬の時代」が再来しない理由
  4. 2023.01.12 人気アプリでアジア系女性記者が直面したAIのバイアス問題
  5. 2023.01.06 AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
  6. 2023.01.04 中国「社会信用スコア」への誤解はなぜ生まれたか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る