KADOKAWA Technology Review
×
メリッサ・ヘイッキラ[ Melissa Heikkilä ] 米国版 AI担当上級記者
MITテクノロジーレビューの上級記者として、人工知能とそれがどのように社会を変えていくかを取材している。MITテクノロジーレビュー入社以前は『ポリティコ(POLITICO)』でAI政策や政治関連の記事を執筆していた。英エコノミスト誌での勤務、ニュースキャスターとしての経験も持つ。2020年にフォーブス誌の「30 Under 30」(欧州メディア部門)に選出された。
  1. 2022.10.07 米バイデン政権が「AI権利章典」を発表、テック企業に説明責任
  2. 2022.10.05
  3. 2022.10.04 今度は「テキストから動画」、メタが生成AIを発表
  4. 2022.09.28 「AIに埋め尽くされる」
    画像生成AIブームの影で
    苦悩するアーティスト
  5. 2022.09.27 ググった結果からも学ぶ、ディープマンドのチャットボット
  6. 2022.09.22 GPT-3は「私」について
    何を知っているのか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る