KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Elon Musk’s OpenAI Unveils a Simpler Way for Machines to Learn

オープンAI、強化学習より効率的な「進化的戦略」AIを発表

オープンAIのイリア・スツカバー所長が、強化学習より効率的に学習できる手法として進化的戦略アルゴリズムを発表した。ロボットの操縦など、さまざまな状況にあわせて動作を切り替える必要があるタスクに適しており、汎用人工知能実現の目処さえ立つという。 by Tom Simonite2017.03.30

2013年、英国の人工知能スタートアップ企業ディープマインドが、アタリの昔懐かしいゲームで達人ゲーマーを打ち負かす学習能力を持つソフトウェアを公開し、コンピューター科学者の度肝を抜いた。ディープマインドは間もなくグーグルに買収された。以来、アタリのゲームを制覇した機械学習の手法「強化学習」は、AIとロボット工学分野で注目の的になっている。 グーグルは強化学習でソフトウェアを開発し、昨年はチャンピオン棋士を破った。

最近、オープンAI(イーロン・マスクが共同創設者で、運営資金を提供している非営利の研究機関)は、強化学習より使いやすい選択肢を見つけたという。ゲーム等のタスクで、強化学習に匹敵する結果が出るという。 3月26日、MIT Technology Review主催の「Emtech Digital」カンファレンス(サンフランシスコ)で、オープンAIのイリア・スツカバー所長は、新手法によって機械学習研究は今よりスピードアップできる、と述べた。

「標準的ベンチマークで、現在の強化学習アルゴリズムに匹敵します。ここまでシンプルなアルゴリズムが現実に使い物になるのは驚きです」

スツカバー所長の主張では、単に画像を認識したり人間の話し言葉を文字起こししたりするよりも機械学習ソフトウェアが複雑なタスクをこなせるようになるには、ソフトウェアがコンピューター・ゲームをしたり、ロボットを操縦する …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント