KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
スマホ依存症対策に単機能電話「ライト・フォン」が登場
ニュース Insider Online限定
Can This Dumb Phone Free Us from Smartphone Addiction?

スマホ依存症対策に単機能電話「ライト・フォン」が登場

子どもがお気に入りの毛布を持ち歩いて安心するように、スマホを持ち歩いてないと不安になるスマホ依存の大人が増えている。ライト・フォンは、スマホを待ち運ばずにスマホの電話番号で発着信できる単機能電話だ。 by Rachel Metz2017.04.03

筆者にとって、スマホはいろんな意味でデジタル版「安心毛布」(子どもが持っていると安心する毛布を"security blanket"という)だ。朝起きると光を放つスマホの画面を手元に引き寄せ、それから一日中スマホを握りしめ、夜になれば、十分に充電されるようにスマホを寝かしつける。

スマホ依存で、スマホがないと不安になるほどだ。

一方で、スマホ依存を束縛のように感じることもあり、スマホで常につながっている状態から抜け出したいと本当に思う時がある。こんな困った状態に陥っているのは筆者ひとりではない。そこでいくつかの企業は滑らかな見た目の「低機能電話」を考案し、スマホから離れて休息を取ることを勧めている。

「ライト・フォン(Light Phone)」もそんな低機能電話の一種、薄い小型電話だ。ライト・フォンを使えば、自分にかかってくる電話をひとつも取り逃すことなく、スマホから解放される。普段使っているスマホの電話番号に誰かが電話すると、着信はクラウド経由でライト・フォンに転送される。また、ライト・フォンから電話をかける場合、同じ仕組みで相手からはスマホの番号からかけているように見える。キックスターターのプロジェクトとして始まってから2年、クレジットカード大のサイズの電話として、4月から市販予定で、価格は150ドル、月額料金は5ドルだ。

ライト・フォンは独自のSIMカードを挿して使うので、近くで自分のスマホを動作させておく必要(iPhoneのWi-Fi Callingとは異なる)はない。ライト・フォンは電源ボタンを押すと数字パッドと一列のディスプレイが光るが、そうでなければ薄いプラスチック板にしか見えない。

実際、ライト・フォンは最 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る