KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
砂漠の大気から1日数リットルの水を作り出す新装置
Water from Desert Skies

砂漠の大気から1日数リットルの水を作り出す新装置

気候変動による水不足はすでに世界人口の約半分40億人に関わる大問題だ。水不足は健康被害だけでなく、暴動などの原因にもなるから、大気中から水を採取できるテクノロジーが実用化されれば、世界平和にもつながる。 by James Temple2017.04.17

マサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア大学バークレー校の研究グループは、太陽光だけで稼働する、砂漠の空から水を取り出す装置を開発した。研究グループは将来的に、テクノロジーを改良し、地上でもっとも干ばつと貧困が深刻な地域で、清潔な飲用水を提供したいと考えている。

装置は、たくさんの小孔の中に大量の水を集められる新素材でできている。4月13日にサイエンス誌に発表された論文によれば、湿度わずか20%(乾燥地域の典型的な環境)でも、新素材1kgあたり毎日数リットルもの水を集められるという。

このテクノロジーは、拡大中の深刻な問題に対処するのに使える可能性がある。昨年、サイエンス・. アドバンシズ誌に掲載された論文によれば、現在、地球全体では40億人、インドと中国の人口の約半分は「1年のうち1カ月以上、深刻な水不足」に直面しているという。つまり、世界人口の3分の2で水が不足しているのだ。水不足(その結果生じる衝突)は、気候変動が加速するほど、世界の大部分の地域でさらに頻発する可能性がある。

テクノロジーを開発したカリフォルニア大学バークレー校のオマール・ヤギ教授は、実現のカギは前途有望な合成多孔質素材「金属有機構造体(MOF)」だという。金属有機構造体は、金属原子で縫合された有機分子でできており、ヤギ教授が先駆者として開発した素材だ(“A Better Way to Capture Carbon”参照)。新素材の小孔の大きさと化学的特性は、特定の種類の分子を捉えたり、あるいは通過させたりするためにカスタマイズできる。また、新素材は非常に表面積が大きいため(1gあたり、アメフトのグラウンド並みの表面積がある)、表面に大量の粒子をくっつけられる。

Images of the device’s condenser over time (on the right, running from top to bottom) show a steady increase in water droplets through the day.
装置の集水器が水滴を1日中、着実に捉える様子の時系列た写真(右→上→下)

今回の事例で研究グループは、水分子を効率的に捉えるように最適化された材料(以前にヤギ教授が開発した)を使った。試作された装置は、夜や日陰で水を集め、日中、素材に日光が当たると、液体の水分子が水蒸気に変わるための十分なエネルギーを得て、水分子が水蒸気になって素材の小孔から抜け出し、機器に取り付けられたアクリル製の囲い(水路)に入っていく。水路の最下部に取り付けられた集水器で水滴を集め、下にある箱に流し込むことで、清潔な水を取水できる。

この工程は完全に受動的で、太陽光パネルも、電池も、追加のエネルギーもいらない。大気から水を得る従来のテクノロジーは、が出るなど、湿度が高い気候条件の地域でしか使えなかった。

研究チームはこのテクノロジーを今後も高度化し、改良を加えていく計画だ。MITの装置調査研究所(DRL)を率いるエブリン・ワン准教授によれば、製品としての実用化は「さほど遠くない」という。ワン准教授は、この主の材料は、ドイツの大手化学メーカーBASFが既に大量生産しており、価格もどんどん手頃になっているという。

ヤギ教授は、このテクノロジーを太陽光パネルや他の装置と組み合わせて、工業・農業用水をさらに生産できると考えている。だが、ヤギ教授のより大きな希望は、この種の装置が、世界の貧困地域の各世帯で、据え付けの設備になることだ。そうなれば、各家庭が配給を受けたり、自分たちで運べる間に合わせの道具で、地域の井戸から水をくんだりせず、自分たちの飲み水を確実に生産できるようになる。

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
ジェームス・テンプル [James Temple]米国版 エネルギー担当上級編集者
MITテクノロジーレビュー[米国版]のエネルギー担当上級編集者です。特に再生可能エネルギーと気候変動に対処するテクノロジーの取材に取り組んでいます。前職ではバージ(The Verge)の上級ディレクターを務めており、それ以前はリコード(Recode)の編集長代理、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニストでした。エネルギーや気候変動の記事を書いていないときは、よく犬の散歩かカリフォルニアの景色をビデオ撮影しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る