KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
EVE Onlineのプレイヤー、太陽系外惑星の発見に協力
Inside an Intergalactic Video Game, a Search for Real Alien Worlds

EVE Onlineのプレイヤー、太陽系外惑星の発見に協力

オンライン・ゲームEVE Onlineのプレイヤーが、太陽系外惑星を探す巨大市民科学プロジェクトに参加し、衛星画像を精査することになった。アルゴリズムはまだヒトの視覚に敵わないことの証だ。 by Simon Parkin2017.04.19

今年6月、ジュネーブ大学は、これまで考えられていなかった大規模な市民科学プロジェクトに着手し、何十万人ものビデオゲーム・プレイヤーに、未知の太陽系外惑星の調査に協力してもらう予定だ。プロジェクトはビデオゲーム「イブ・オンライン (EVE Online)」内で実施される。EVE Onlineは架空の銀河が舞台のビデオゲームで、プレイヤーは宇宙船に乗って旅をし、バーチャル領土の資源と支配をめぐって競い合う。

ジェネーブ大学の研究は、クラウド・ソーシングを上手に利用することで、アルゴリズムによる自動化の限界を克服する方法を示している。また、ビデオゲーム分野の各地に構築されたコミュニティの能力を、どうすれば有益な課題に生かせるのかも示している。

イブのプレイヤー、ゲームメーカーと科学者の仲介役企業「大規模多人数型オンライン科学 (MMOS)」の協力により、欧州宇宙機関が2006年12月に打ち上げた人工衛星「CoRoT」が収集した16万7000枚の光度曲線画像のアクセス権を得る。2017年にウルフ賞物理学部門を受賞し、太陽系外惑星の最初の発見者でもあるジュネーブ大学のミシェル・マイヨール教授(天文学)は「科学者はこれまで、CoRoTが収集したデータセットから約30個の惑星を発見しました。私たちは画像内にはまだ、おそらく12個の未知の惑星が隠れていると予測しています」という。

天文学者は数世紀もの間、私たちの太陽系で発見された惑星の他にも、外部に他の惑星があるのではないかと疑っていた。しかし、いわゆる太陽系外惑星の発見や検証手段として、人間が高倍率望遠鏡や分光計のテ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント