1. コネクティビティ
    かつてNASAには大型コンピューターが出した計算結果を検算する「RTACF」と呼ばれる施設があった。現在は医師として働くRTACFの最後の職員デニス・セイガーに当時を振り返ってもらった。 Erin Winick2年前
  2. コネクティビティ
    打ち上げ成功世界一
    宇宙開発の主役に躍り出た
    中国の「実力」
    2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。 Joan Johnson-Freese3年前
  3. 知性を宿す機械
    電池切れでも墜落しない
    NASA開発の新技術で
    宅配ドローンは離陸するか
    宅配ドローンが実用化できない大きな理由の1つが安全性だ。電池切れやシステムトラブル時にもドローンが緊急着陸できる新しい技術がNASAの研究者によって開発されている。 Simon Parkin4年前
  4. 知性を宿す機械
    EVE Onlineのプレイヤー、太陽系外惑星の発見に協力
    オンライン・ゲームEVE Onlineのプレイヤーが、太陽系外惑星を探す巨大市民科学プロジェクトに参加し、衛星画像を精査することになった。アルゴリズムはまだヒトの視覚に敵わないことの証だ。 Simon Parkin4年前
  5. 生命の再定義
    人間の遺伝子の解明が進み、CRISPRなど遺伝子組み換え技術が発達したことで、科学者は宇宙旅行に適用するように、宇宙飛行士の遺伝子を組み換えるアイデアを研究し始めている。ただし、宇宙飛行士(遺伝子組み換え)を人間と呼べるのかは別問題だ。 Antonio Regalado4年前
  6. 知性を宿す機械
    地球に似た星の探し方
    NASAのコンピューターモデル
    NASAのコンピューターモデルが予測した太陽系外惑星プロキシマbは薄紫色の点に見えるだろう。 Emerging Technology from the arXiv5年前
  7. ビジネス・インパクト
    先物取引市場はどうなる?
    収穫量を人工知能で予測
    テルアスラボはNASAの画像や機械学習、専門知識を使って、農作物の今季の収穫量を正確に予測する。 Elizabeth Woyke5年前