KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
ブロックチェーンの最新動向は#bizofblockchainで
Mr. Tech
The Technology Behind Bitcoin Is Shaking Up Much More than Money

ブロックチェーンの最新動向は#bizofblockchainで

ブロックチェーンは、紛争地域で産出されたダイヤモンドを区別し、医療記録を検証し、サプライチェーンのセキュリティーを確保するために使われようとしている。 by Will Knight2017.04.19

ブロックチェーンはビットコインを支えるテクノロジーだ。しかし、二酸化炭素排出量の取引から保健医療記録の保存まで、主要な社会的課題の解決に役立つ可能性がある。だがビットコイン以外への応用には、関係企業と開発者の合意が欠かせない。

ハイパーレッジャー(さまざまなブロックチェーン・テクノロジーの開発を監督するオープンソース・プロジェクト)のブライアン・ベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは、こうした主張をMIT Technology ReviewとMITメディアラボが18日に共催するカンファレンス「ブロックチェーンのビジネス」(カンファレンスの様子は、ツイッターのハッシュタグ#bizofblockchainでフォローできる)で提起しようとしている。

ベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは、ブロックチェーンをさまざまな場面に適用しようとする研究開発によって、社会のすみずみまで影響を与えるテクノロジーの変化が起きる、とカンファレンスで発表するはずだ。「この変化は、世界のほとんどの成り立ちを再発明するまたとない機会なのです。金融業界の話ではありません」と述べた。

ブロックチェーンはビットコインの基礎テクノロジーであり、暗号理論に基づいて取引データに署名し、正当性を保証する分散型の取引台帳(Ledger)だ。政府や中央銀行など、集中型の運営組織がなくても決済を追跡して検証できる。台帳を維持するコンピューターで実行する計算により、結果としてビットコインの総額が増えていく。分散型暗号の手法を使えば、金融取引以外にも、あらゆる種類の取引を検証できる(“Why Bitcoin Could Be Much More Than a Currency”参照)。

ベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは4月18日のカンファレンスで、たとえば南アフリカ共和国のダイヤモンド企業デビアスにとって、ハイパーレッジャーがどう役立っているかを説明する。デビアスはブロックチェーンを使って合法的に入手したダイヤモンドを追跡し、紛争地域から供給されるダイヤモンドと区別する。個々のダイヤモンドに付けられたブロックチェーンのデータを注意深く分析すれば、疑わしいダイヤモンドや不正取引を識別できるはずだ。他にも、炭素取引の検証や、保健医療のデジタル記録のセキュリティー確保の仕組みとして、ブロックチェーンがどう使えるかに関心を持つ企業がある、とベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーはいう。

ビットコインとブロックチェーン・システムの大きな課題のひとつは、技術的な複雑さとセキュリティーに関わる疑問だ。ハイパーレッジャーは、ブロックチェーンの開発に携わる技術者コミュニティーに技術的助言を提供し、方針を示すことで、この問題に対応するのが目的だ。ビットコインはテクノロジーの性質上、コミュニティの運営も分散型になるため、内紛により、通貨の価値は上昇しでも、コミュニティが弱体化する危険が生じた。ハイパーレッジャーはこの問題にも何らかの対策を打ち出す方針だ。

ベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは、ビットコインとブロックチェーンを取り巻く興奮と大げさな宣伝のせいで、当事者自身が成功の犠牲者になる可能性がある、と警告する。「いま現在あるのは極端に過大な期待です」

しかし、世界で最も広く使われているWebサーバー・ソフト「アパッチ」で以前中心的な開発者を務めたベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは、強気な姿勢を崩さない。ブロックチェーンというテクノロジーは、Webと同様に世界を変える可能性があると考えているのだ。

ビットコインは2009年に発表され、その2、3年後に多大な関心を巻き起こした。コンピューター・マニアは世界の金融システムをテクノロジーで混乱させることを夢見て、投機家はビットコインの価値が膨らんで利益を得られると考えて、無視できない存在になったのだ。(“What Bitcoin is, And Why it Matters”参照)。ビットコインを実現するブロックチェーンも、通貨以外の用途の基礎テクノロジーとしても使える。だが、さまざま代替ブロックチェーンが登場しており、ハイパーレッジャーも、非通貨用途で使いやすように設計した改良版を開発中だ。

MITメディアラボで開催される今回のカンファレンスでは、暗号通貨等の金融商品や、さまざまな新種のブロックチェーン応用技術(エネルギー取引の監視、サプライチェーン物流の追跡、オンライン音楽鑑賞の決済機能等)を登壇者が披露する予定だ。

テクノロジーの多くはすでに実用段階にある。たとえばデラウェア州政府はシンビオント製のテクノロジーで、事業契約にブロックチェーン・テクノロジーを使おうと検討中だ。IBMと中国の自動関連企業の四川禾嘉(ヘジア)は、サプライチェーン管理用のブロックチェーンシステムを先日発表した。

今後に多くの課題を残しつつ、ベエレンドルフ・エグゼクティブ・プロデューサーは強気だ。「疑う理由はいくらでもありますし、あまりにも多くの大げさな宣伝があふれています。しかし、ゲームのルールを変える本物のチャンスなのです」

人気の記事ランキング
  1. The most detailed dark matter map of our universe is weirdly smooth 宇宙の暗黒物質の詳細マップ公開で、予想外の問題が浮上
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. This animated chart shows how the world’s vaccine rollout is going 動くグラフで見る、世界のワクチン接種状況(日本はG20中19位)
  4. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
ウィル ナイト [Will Knight]米国版 AI担当上級編集者
MITテクノロジーレビューのAI担当上級編集者です。知性を宿す機械やロボット、自動化について扱うことが多いですが、コンピューティングのほぼすべての側面に関心があります。南ロンドン育ちで、当時最強のシンクレアZX Spectrumで初めてのプログラムコード(無限ループにハマった)を書きました。MITテクノロジーレビュー以前は、ニューサイエンティスト誌のオンライン版編集者でした。もし質問などがあれば、メールを送ってください。
10 Breakthrough Technologies 2021

新型コロナで注目されるmRNAワクチンから、史上最も優れたAI言語モデル、電気自動車の普及を担うリチウム金属電池まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The most detailed dark matter map of our universe is weirdly smooth 宇宙の暗黒物質の詳細マップ公開で、予想外の問題が浮上
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. This animated chart shows how the world’s vaccine rollout is going 動くグラフで見る、世界のワクチン接種状況(日本はG20中19位)
  4. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る