KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Plywood Drones Could Help the Marines Safely Deliver Supplies

米海兵隊、1500ドルのベニア板製ドローンを開発中

米海兵隊が、制作費1500ドルの使い捨てグライダーを開発中だ。グライダーなので動力は不要で、約318キロの荷物を運搬でき、前線に補給物資を届けるのに使えそうだ。 by Jamie Condliffe2017.04.19

ベニア板、いくつかの金属製固定具、趣味の電子工作で使われそうな部品。これで何が作れるだろうか? 子どもの次の宿題ではない。米国海兵隊が検証中のドローンの試作機だ。

EVAN ACKERMAN | IEEE SPECTRUM

IEEEスペクトル誌によると、米国海兵隊戦闘研究所は、最大で約318キロの荷物を運搬できるように設計された新型ドローンを開発中だ。しかし、戦場で賢く振る舞うために価格を犠牲にした多くの軍用ドローンとは違い、海兵隊のドローンである「TACAD(戦術空輸:Tactical Air Delivery)」は、一般的な仕事机の上にあるようなハードウェア製で、わずか1500ドルほどで製作できる。壊れても壊れなくても気にしない、のがTACADの考えだ。

コストの削減は、TACAD設計方針で実現した。まず、TACADには動力源がない。モーターや巨大な電力源は必須ではなく余計な部品なのだ。その代わり、TACADは航空機から投下された後、数十km以上滑空できる。さらにスマホテクノロジーの普及によってGPS装置のような電子機器の価格は非常に手頃になっており、TACADはこうした安価な既製品を活用する。最後に、最も単純なことだが、TACADのフレームにはベニア板や金属製ブラケットなど、どこにでもある材料が使われている。

軍が興味を示している使い捨て型のドローンはTACADだけではない。アザーラボ(本社サンフランシスコ)が開発中のグライダー・ドローンの試作機はダンボール製でTACADよりずっと軽量だ。現在、アザーラボのグライダー・ドローンが運搬する荷物は約1kgだが、約9kg以上を運搬できるように性能を高められるだろう。このふたつのドローンが果たす目的が大きく異なっているのは明らかだ。アザーラボのドローンは薬や通信装置等の小型の物品を素早く運搬する。一方、TACADは食品や水、燃料を運搬する。

ただし、TACADやアザーラボの機体により、人間は物資を前線に届ける危険な任務から今よりもっと遠ざかれる。この利点は、ドローンが1機、あるいは2機墜落した際のコストに見合うはずだ。

(関連記事:IEEE Spectrum, “DARPA、キノコ製補給ドローンの開発に資金提供”)

人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Evan Ackerman | IEEE Spectrum
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る