KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
How Blockchain Can Bring Financial Services to the Poor

ブロックチェーンは世界の貧困層を金融システムに取り込む仕掛け

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、分散型元帳テクノロジーにより、銀行口座のない20億人を金融システムに組み込もうとしている。 by Elizabeth Woyke2017.04.20

世界には銀行口座がなく、現金で取引せざるを得ないため、財産を管理しにくく、安全上の問題を抱える20億もの人がいる。電子通貨ビットコインの基礎テクノロジーであるブロックチェーンは、こうした人々に金融サービスを提供できるだろうか。ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団はそうできると考え、貧困層を表の経済に加えるため、デジタル記録管理システム「ブロックチェーン」(本質的に安全で信頼性がある)を修正している。

この構想は、ゲイツ財団による貧困層向け金融サービスプロジェクトの一環だ。特にゲイツ財団のレベルワン・プロジェクトでは、誰でも(1日数ドルで生活している人でさえ)利用可能なデジタル決済システム構築基盤を、政府や中央銀行に提供している。

ゲイツ財団のシステムは、シンプルな2G携帯電話や無線ネットワーク等のデジタル・テクノロジーで金融サービスの処理費用を削減することで、どの国にもある既存の金融インフラに新しいデジタル決済プラットフォームを接続する。システムを稼働させ実行すれば、電話でテキストメッセージを送信するのと同じ方法で、お金を送受信できる(“Why Bitcoin Could Be Much More Than a Currency”参照)。

レベルワンのコスタ・ペリック・プロジェクト・リーダーは、ブロックチェーン・テクノロジ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント