ロボット工学

U.K. Signs a Deal with Amazon to Test Delivery Drones アマゾンのドローン配達
米の規制避け英で試験飛行

英国政府がアマゾンと提携して配達ドローンの試験を許可する一方で、米国の規制当局は禁止したままだ。 by Michael Reilly2016.07.27

巨大小売り企業アマゾンが小荷物配達用ドローンの試験について英国政府と提携した。アマゾンは米国ではこの種のドローン・テクノロジーの試験をまだ禁じられている。アマゾンにとっては大成功だ。

米国連邦航空局(FAA)が6月に発表したドローン使用規制の改正版は、商用ドローンの米国の空を限定的に解放した。しかしアマゾンにとって致命的だったのは、GPS制御の自動飛行や、ドローンが操縦者の視界を外れて飛行する場合が除外されていたことだ。

アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、ドローンによる小荷物配達について強気の姿勢を保ってきた。2013年にベゾスCEOは米国の報道番組『シックスティー・ミニッツ』に出演し、ドローンはアマゾンの未来だと話した。だがアマゾンの巨大な配達ネットワークの大部分は今も陸上のままで、テクノロジー的変化に対するFAAの鈍重な対応をアマゾンは罵倒してきた。

 

6月の発表で、FAAのマイケル・ウェルタ局長は、改正された規制を「第一歩に過ぎない」と語り、障害物を自動的に検知・回避する能力のように、アマゾンが投入したいと関心を寄せる、いくつかのテクノロジーについて見直すことを約束した。

アマゾンはもう待てないようにも見える。しかしニューヨーク・タイムズ紙が報道したように、アマゾンは米国でのドローン研究を減速させるつもりはなく、オランダとカナダでドローンの試験計画をぶち上げた。

アマゾンが英国のFAAに相当する英国民間航空局との提携を発表したとき、同社は「アマゾンはドローンで小包を英国と世界中の顧客に30分以内に安全に配達する目標に近付ける」と述べた。この発表で明らかなのは、米国での買い物はどんなに新しく買った商品を待ちわびても、空から商品が降ってくることはないことだ。残念。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級編集者
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当編集者。地質学者。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 コメント
    「実用ロボット」の記事
    人気の記事ランキング
    1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
    2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
    3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
    4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
    5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持