1. 知性を宿す機械
    AIアシスタントの進化には
    「身体」が必要だ
    ユーザーと音声でやり取りできる人工知能(AI)アシスタント製品が、爆発的に普及している。アマゾンのAIアシスタント「アレクサ」の開発を主導する研究者は、AIアシスタントが本当の知性を身に付けるには「世界を探索する必要」があるという。 Will Knight7カ月前
  2. 知性を宿す機械
    AIアシスタントで使われている自然言語処理テクノロジーは日常生活にますます浸透している。だが、IBMのワトソンの原型を開発したMITの研究者は、真の知性を備えた機械を創造するというAIの最終目標からはほど遠いという。 Will Knight7カ月前
  3. 持続可能エネルギー
    ブラジル大統領選挙の結果と温室効果ガスの排出量との間にこれほど密接な関係があるとは多くの人は考えもしなかったのではないだろうか。「ブラジルのトランプ」と呼ばれるボルソナロ政権の誕生によってアマゾン熱帯雨林とセラード・サバンナの開発が進めば、大気中への二酸化炭素放出量が40〜60億トン増えるというのだ。 James Temple11カ月前
  4. 知性を宿す機械
    「政商」化するアマゾン、米政府の重要インフラでシェア圧倒
    アマゾンが米国政府による監視活動を支える主要インフラを提供している、との調査報告が公開された。アマゾンは政府となれ合い、巨額の政治資金を背景に政府との巨額の契約を結んでいるとも指摘されている。 Karen Hao11カ月前
  5. コネクティビティ
    グーグル、アマゾン、フェイスブックの巨大ネット企業3社による支配が進んでいる。世界中から膨大なデータを収集し、カネに変えるデータ王を止める方法はあるのか。 Martin Giles14カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    アマゾンの自動倉庫には人間が必要——主任技術者が語る
    アマゾンの高度に自動化されたフルフィルメント・センターは、決して人間の雇用を減らすためものではないし、小規模の事業者向けのサービスも提供している、と同社の主任技術者はMITテクノロジーレビュー主催の「EmTech(エムテック)ネクスト」で主張した。 Erin Winick16カ月前
  7. コネクティビティ
    「アレクサ、盗聴はやめて!」使って分かったAIスピーカーの恐怖
    我が家のスマートスピーカーが録音していた音声のリストをチェックした瞬間、思わず首の後ろの毛が逆立った。私的な会話が録音されていた。ありふれた会話だが、それは「私のもの」なのだ。 Rachel Metz17カ月前
  8. 知性を宿す機械
    中国の巨大テック企業のアリババは、もはや単なる電子商取引の企業ではない。巨額の資金をAIをはじめとする基礎技術の研究・開発に投資しており、クラウド向けの独自の深層学習ツールも開発している。政府の後押しもあり、世界のAIの発展に深く関わってくることは間違いない。 Will Knight2年前
  9. ビジネス・インパクト
    秘密主義の会社として知られるアマゾンが、招待者限定のカンファレンスでその遠大な計画の一端を垣間見せた。主催したジェフ・ベゾスCEOは200人のゲストを前に、将来の展望を語った。Jackie Snow2年前
  10. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke2年前
  11. 知性を宿す機械
    AI技術の未来をかけて激突、中国と米国の覇権争い
    中国と米国が、次世代の大きなコンピューティング・パラダイムとなることが予想される人工知能(AI)技術における覇権を巡って、し烈な競争を始めようとしている。どの企業が支配的な地位を獲得するかで、どのようなAIサービスが広く普及するかが決まってくるかもしれない。 Will Knight2年前
  12. コネクティビティ
    アマゾン・ゴー開業、「レジなし」はもう小売の常識になる
    アマゾンの実店舗アマゾン・ゴーでは、牛乳を手にしたら、そのまま立ち去る。同じような実験をしている他社もあるが、アマゾンはこのほど一般向けの営業を開始した。誰とも話さず、お金も払わずに買い物を済ませる体験に慣れるにはちょっと時間がかかるかもしれないが、オンライン・ショッピング同様、「アマゾン流」が当たり前になりそうだ。 Rachel Metz2年前
  13. 知性を宿す機械
    オンライン小売業では、サイトでの顧客の閲覧履歴や購入履歴に基づくおすすめ商品をページに表示するのが一般的だ。カリフォルニア大学とアドビの研究者は、ユーザーの服装の好みに基づいてカスタマイズした、新たな衣服の画像を生成する人工知能(AI)システムを開発した。 Jackie Snow2年前
  14. コネクティビティ
    2017年に買ってあげたいガジェットをMITテクノロジーレビューがセレクトしてみた。 MIT Technology Review Editors2年前
  15. コネクティビティ
    レジの代わりにカメラや人工知能で商品を認識する「アマゾン・ゴー」のような自動支払い店舗が注目されている。スタートアップ企業が試験運営中の店舗で実際に体験してみた。 Rachel Metz2年前
  16. コネクティビティ
    音声AI搭載のデバイスが米国では大人気だ。市場を開拓したアマゾンのアレクサ(Alexa)は、人と機械が対話する不可欠な手段となるかもしれない。 George Anders2年前
  17. 知性を宿す機械
    ファッション業界に衝撃、
    アマゾンがAIデザイナーを
    開発中
    アマゾンがファッション分野に力を入れている。最新のトレンドを取り入れたレコメンデーションに加え、トレンドから新たな商品をデザインするAIも開発中だ。 Will Knight2年前
  18. 知性を宿す機械
    アマゾン主催ロボコン、 UFOキャッチャー風ロボットが優勝
    アマゾンが毎年開催しているロボットコンテスト「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」でクレーンゲームにヒントを得たロボットが優勝した。なお、日本からは奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)とパナソニックの合同チームが出場し、結果は6位だった。 Jamie Condliffe2年前
  19. ビジネス・インパクト
    アマゾンがついに保健医療分野に参入か
    アマゾンが保険医療分野への参入をもくろんでいる。先行して参入したハイテク巨大企業、グーグルやアップルはまだ同分野で存在感を示せずにいるが、アマゾンに勝算はあるのだろうか? Jamie Condliffe2年前
  20. 知性を宿す機械
    電池切れでも墜落しない
    NASA開発の新技術で
    宅配ドローンは離陸するか
    宅配ドローンが実用化できない大きな理由の1つが安全性だ。電池切れやシステムトラブル時にもドローンが緊急着陸できる新しい技術がNASAの研究者によって開発されている。 Simon Parkin2年前
  21. ビジネス・インパクト
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?James Surowiecki2年前
  22. コネクティビティ
    孤独な80代の毎日は楽しい
    ——そう、アレクサならね。
    アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが、孤独な高齢者を救うかもしれない。米国サンディエゴにある高齢者専用住宅地では、80代の高齢者たちがアレクサを使った生活を実験中だ。 Elizabeth Woyke2年前
  23. コネクティビティ
    脱タッチ操作へのあくなき探求 ダイヤル式スマホコントローラー
    日々、朝から晩までディスプレイを見続けている筆者は、画面を見なくてもダイヤルとボタンでスマホを操作できるガジェットがあると聞き、早速試してみた。 Rachel Metz2年前
  24. コネクティビティ
    画面付きアマゾン・エコーはAIアシスタントの弱点を克服できるか
    アマゾンが画面付きの新型「エコー」を発表した。日本ではなかなか登場しないAIアシスタントだが、世界的にはさらに盛り上がりそうだ。 Jamie Condliffe2年前
  25. 知性を宿す機械
    アマゾン、着替え画像から個人データを収集する「エコー」新製品
    アマゾンが発表した最新のスマート・アシスタント「エコー・ルック」にはカメラが搭載された。着る服を選ぶ手伝いをしてくれるほか、自宅内の様子まで撮影するネット接続型カメラとAIアシスタントを組み合わせた新製品だ。 Jamie Condliffe2年前
  26. 知性を宿す機械
    無人倉庫まで5年?
    何でも掴める
    ロボットアーム
    ロボットアーム最大の課題は「何でも掴めるようになること」だ。アメリカのスタートアップ企業ライトハンド・ロボティクスは、機械学習とクラウド同期でついに偉業を達成、数年以内に倉庫から人間の作業者が消える可能性がある。 Will Knight3年前
  27. ビジネス・インパクト
    アマゾン・エコーが採用?
    防水防塵低電力な
    MEMSマイク
    防水防塵低電力なMEMSマイクをアマゾン・エコーが年内に採用するかもしれない。バッテリー駆動機器の場合、常に電力を消費し、悪環境に弱いするコンデンサー・マイクは、用途を限定させる要因だった。 Elizabeth Woyke3年前
  28. ビジネス・インパクト
    アマゾンの実店舗拡大戦略は、ネットの方法の焼き直しだ
    アマゾンは実店舗を拡大する方針を明確にしている。しかし、どうすれば実店舗を拡大できるのか、明確な戦略があるわけではない。ネットと同様、試行錯誤を繰り返し、正解を見つけようとしているのだ。 Jamie Condliffe3年前
  29. コネクティビティ
    損失額1億5000万ドル AWS障害でクラウドは再設計へ
    システムの運用を丸投げできるはずのクラウドで、最大手のアマゾンがサービスを適切に運用できていなかった。政府のサービスすらクラウド上で稼働しており、中央集権型Webサービスの信頼性を高める見直しが必要だ。 Jamie Condliffe3年前
  30. コネクティビティ
    日本の「見守り」系機器をラズパイで実現する超音波分析ソフト
    ハッキリ言って、これで最新?と言いたくなる米国版の見守り系テクノロジーの紹介記事だ。日本のテクノロジーが先を行きすぎていたこと、発表のタイミングを誤ると世界市場の文脈に当てはまらず、見向きされないことがわかる。 Rachel Metz3年前
  31. 知性を宿す機械
    慣性の法則に逆らい、荷物を垂直落下させるアマゾンの特許
    アマゾンは、慣性の法則に逆らって、ドローンから荷物を垂直落下させる特許を出願している。宅配ドローンの規制が緩和されれば、荷物は空から降ってくるのだろうか? Jamie Condliffe3年前
  32. ビジネス・インパクト
    日本の小売り関係者がシアトルに行くべきたったひとつの理由
    アマゾンは、実験型の実店舗をシアトルで次々に立ち上げている。ネット上と同様、シアトル市民にはアマゾンを断固拒否する人もいるようだ。 Jamie Condliffe3年前
  33. 知性を宿す機械
    フェデックスは
    音声アプリと自律トラックで
    配達を自動化
    フェデックスが、音声アプリやドローン、ロボット、自律トラック等の最新テクノロジーをどう配送事業に組み込むかの一端を明らかにした。 Elizabeth Woyke3年前
  34. ビジネス・インパクト
    アマゾン、自前の陸海空の運輸事業を本格化
    超巨大な社内システムの運用ノウハウをAWSとして外販したように、アマゾンは陸海空の運事業まで外販しようとしている。空輸用の拠点新設や、海運事業の管理は複雑で費用もかかるが、最終的には10億ドル以上の節約になる、価値の高い事業だ。 Jamie Condliffe3年前
  35. コネクティビティ
    「問題が起きてから対応」では量子コンピューターで大惨事
    強力な量子コンピューターはまだ存在しないが、セキュリティ企業は量子コンピューターから防御する準備を進めている。 Tom Simonite3年前
  36. 知性を宿す機械
    アマゾンも自動運転に参入 特許公開でグーグル、ウーバーと対決
    大手テック企業のグーグルとアマゾンが、配車の自動化、自律タクシーと自律トラックで、輸送業界に進出したいのはもう明白だ。 Jamie Condliffe3年前
  37. コネクティビティ
    「アレクサ、アマゾンは
    グーグルに勝てる?」
    「はい、余裕です」
    アレクサに毎日頼み事をする何百万ものユーザーのおかげで、アマゾンは家庭向け音声アシスタント市場でグーグルよりもずっと有利なポジションにある。 Tom Simonite3年前
  38. コネクティビティ
    なぜアマゾンのAIアシスタントは自動車にまで搭載されるのか?
    アマゾンのスマート・アシスタントは幅広く普及しているが、グーグルはより優れたシステムで猛追している。 Jamie Condliffe3年前
  39. 知性を宿す機械
    アマゾン初のドローン配達、利用可能なのは近所の二人だけ
    アマゾン初の自律型航空配送は、ドローンテクノロジーの重要な前進だ。 Jamie Condliffe3年前
  40. ビジネス・インパクト
    アマゾン、レジなしスーパーをシアトルで開店
    未来のスーパーでは、携帯電話のスキャンで入店し、棚から食料品を選んで、出て行くだけになる。 Jamie Condliffe3年前
  41. ビジネス・インパクト
    デパートよりアマゾン? 年末セールのネット販売が米国で絶好調
    米国では、ホリデー・シーズンの買い物に占めるオンライン購入の割合が大きくなっている。大売り出しを控える小売業者は、サイバー・マンデーまで待っていられない。 Nanette Byrnes3年前
  42. ビジネス・インパクト
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドでライバル企業を追撃中
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドで成功しつつある。 Nanette Byrnes3年前
  43. ビジネス・インパクト
    「売れるものは何でも売る」姿勢のアマゾンが実店舗を開店。しかし、オンラインで培ったノウハウは、上質の顧客体験に結び付いていない。 Nick Carr3年前
  44. ビジネス・インパクト
    アマゾン、セブンイレブン型事業を米国で計画
    実店舗の拡充策の一環で、アマゾンは自社のコンビニエンス・ストアを米国中に出店しようとしている。 Michael Reilly3年前
  45. 知性を宿す機械
    頼む、アレクサ、
    会話を成立させてくれ!
    アマゾンが賞金250万ドル
    アマゾンは、パーソナルアシスタント「アレクサ」が会話を20分できるようになる研究に、250万ドルの賞金を提供する。 Will Knight3年前
  46. ビジネス・インパクト
    ウーバーとアマゾン
    世界の運輸業界に殴り込み
    食品配達でも貨物輸送でも、巨大テック企業は保守的な運輸業界のどの企業よりも貨物の運搬を改善するだろう。 Jamie Condliffe3年前
  47. コネクティビティ
    グーグルアシスタントは検索ビジネスを破壊するか?
    グーグルのチャットボットで検索は便利になるが、ビジネスモデルを破壊してしまう可能性もある。 Tom Simonite3年前
  48. ビジネス・インパクト
    アマゾンのお勧め商品は
    最安値とは限らない
    最安値で商品を買うには、アマゾンがどのように商品を勧めているのか、ちょっと気を付ける必要がある。 Jamie Condliffe3年前
  49. 知性を宿す機械
    宇宙から人類をAIで監視
    アマゾンとCIAが新構想
    衛星画像を機械学習で分析し、建物や道路、ゴミの山をマーキングするプロジェクトを、アマゾンやCIAが始めようとしている。 Tom Simonite3年前
  50. ビジネス・インパクト
    グラフで見るロビー活動
    5大テック企業の巨額支出
    規制当局や政治家への影響力を得るため、巨大テック企業がロビー活動に費やす金額が増え続けている。著作権や税法など、いくつかの分野ではその巨大な影響力により、公平さを欠く問題がある。アマゾンが航空系(配達ドローン)のロビイストへの支払いが多いなど、各社の支出内訳は、事業内容を反映している。 Mike Orcutt3年前
  51. コネクティビティ
    アマゾンの音声アシスタント
    Amazon Echoの実力と限界
    アマゾンは、アプリこそ音声認識スピーカーEcho成功の鍵だとわかっている。 Stacey Higginbotham3年前
  52. 知性を宿す機械
    人工知能サービスの
    中途半端な投資回収モード
    グーグルやマイクロソフト、IBMが、多額の投資で開発した人工知能を一般企業に賃貸させようといる。だが、汎用型のAIがどこまで一般企業の役に立つのかは不明点が多い。 Tom Simonite3年前
  53. 知性を宿す機械
    アマゾンのドローン配達
    米の規制避け英で試験飛行
    英国政府がアマゾンと提携して配達ドローンの試験を許可する一方で、米国の規制当局は禁止したままだ。 Michael Reilly3年前
  54. ビジネス・インパクト
    大きな利益は失敗の証拠
    Amazonプライムデー本当の狙い
    昨年を上回る勢いのプライムデー2016で、アマゾンは利益を失い、勝利する。 Nanette Byrnes3年前
  55. ビジネス・インパクト
    すべての小売業がeコマースだ
    小売りとeコマースはもう別物ではない。eコマース企業は実店舗に乗りだし、一等地に店舗を構えて小売業に君臨していた百貨店もネットに進出し、一等地を手に入れようと躍起になっている。 Antonio Regalado6年前