KADOKAWA Technology Review
×
「信頼できる情報」で
ブロックチェーンの
スマート契約は実用化するか
JAN BUCHCZIK
コネクティビティ 無料会員限定
How Encrypted Weather Data Could Help Corporate Blockchain Dreams Come True

「信頼できる情報」で
ブロックチェーンの
スマート契約は実用化するか

ブロックチェーン上でのさまざまな取引を自動化する「スマート・コントラクト」の実用化を後押しする新技術が開発された。ブロックチェーン経済は拡大するか。 by Tom Simonite2017.05.29

フェイクニュースがあふれる時代に、暗号技術者でジェイコブズ・テクニオン・コーネル(ニューヨーク、コーネル大学とイスラエル工科大学が共同で設立した大学院大学)のアリ・ジュールス教授は、インターネットで最も信頼できる情報を提供するオンライン・サービスを立ち上げようと準備している。5月15日に公開する予定の「タウン・クライアー(Town Crier)」は、人間ではなく機械にとって意義のあるものだ(日本版編注:この記事のオリジナルは米国現地時間5月11日に公開された。その後、タウン・クライアーは予定どおり5月15日に公開された)。

スマート・コントラクトの欠点は、参照する取引データがスマート・コントラクトと同じくらい正しいことが前提となっていることだ。この点がスマート・コントラクトを使ったさまざまなアイデア実用化の発展を制限していると、ジュールス教授は話す。スマート・コントラクトがWebからの取引データを受け付けないのは、既存システムには取引データが改ざんされていないことを検証する方法がないからだ。「きちんとした取引データ・ソースがないので、実行できるスマート・コントラクトは限られています」。

5月15日から始まるタウン・クライアー・サービスと同名のソフトウェア「タウン・クライア …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る