ロボット工学

Tesla Might Replace Autopilot’s Eyes with Something Far More Advanced テスラは革新を諦めない
さらに高度な自動運転を追求

より高度な自律運転システムは、自動運転自動車の到来を加速させる。 by Will Knight2016.08.04

テスラの新しいブレーンは何ができるのか?

多くの自動車メーカーにテクノロジーを供給するイスラエル企業、モービルアイが提供する視覚システムを使わないことを先週テスラが発表した。テスラ車が自動運転モード(ドライバー管理下の自動運転を実現するシステム)中に発生した死亡事故について、米国国家道路交通安全局が調査している、と発表した数週間後のことである。テスラがモービルアイを使わなくなる理由は不明だが、自動運転の新たは手法の出現がひとつの理由かもしれない。

モービルアイが提供した先端的な画像認識システムは、道路前方の標識や、他の車や歩行者などの障害物を識別できる。モービルアイは、機械学習の手法のひとつで、最近評判が高まった深層学習(脳のニューロンの多層ネットワークを模倣し、膨大な数の学習データで入力を認識するように訓練する)を使っている、としている。

テスラは自社の半自動運転テクノロジーの動作仕様を公開していない。しかし、モービルアイのシステムだけではなく、レーダーや超音波センサーのデータからも得たデータを判断材料に自動運転を実現したはずだ。

テスラは完全に自動運転用に設計された独自の視覚システムを開発するかもしれない。テスラはコメントを拒否したが、マシン・ビジョンの高い知識を持つ専門家を採用しているのだ。

歴史的に見て、障害物を認識し、道路上で重要な判断をするため、自動運転システムは人間のエンジニアがルールをプログラムで記述してきた。しかし、ルールは機械学習に取って代わられている。大量のデータを使ってどう運転するのか、システムを訓練するのだ。特に深層学習は、どう見るかだけではなく、どう正確に運転するかの点で自動車を訓練するのに使われる。今後のシステムは機械学習を使い、道路上の障害物を認識する以上のこともできるだろう。たとえば、障害物までの距離を測ったり、障害物の軌道を予測したりできるかもしれない。また、機械学習は自動車の運転計画や、運転システムの制御さえも手助けしてくれるかもしれない。

テスラを含む多くの自動車メーカー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。