KADOKAWA Technology Review
×
World’s First Cable-Free Elevator Zooms Horizontally and Vertically Using Maglev Tech

横にも移動できるエレベーターで建築の常識が変わる

リニアモーターを利用して上下左右に移動できるエレベーターがドイツで実験中だ。行きたい階に素早く到着できるだけでなく、ビルのデザインに変化をもたらすかもしれない。 by Jamie Condliffe2017.06.26

ウィリー・ウォンカが目指した移動手段が現実になった。新タイプのエレベーターは、リニアモーターカーやハイパーループのように、リニアモーターでカゴを動かして人々を上下左右に運ぶ。

ドイツのエンジニアリング企業ティッセンクルップが 2014年に初めてマグレブ・エレベーター(磁気浮上型エレベーター)の構想を発表した時には、興奮と懐疑が入り混じった反応で迎えられた。それから3年経った今、ドイツのロットバイルにある専用のエレベーター実験棟で、初のマグレブ・エレベーターの公開実験が行なわれている。

上の映像で分かるとおり、マルチ(Multi)と呼ばれるそのエレベーターは、ケーブルをいっさい使わない。カゴは、リニアモーターの技術が採用されたレールの上で動く。ある階に止まると、レールが回転することで上下だけでなく左右にもカゴを移動させることができる。

ティッセンクルップが将来目指すのは、複数の昇降路を隣り合わせに並べるシステムによって、混雑具合を判断しながらカゴが最短時間で移動できるルートをソフトウエアが割り出すというものだ。

マグレブ・エレベーターのテクノロジーを使えば、現在超高層ビルが抱えている大きな問題も回避できる。ワイアードUKが指摘するように、通常のケーブルによるエレベーターでは、一度に490メートルしか安全にカゴを上昇させることができない。したがって超高層ビルでは、人を最上階まで上げるためには多くの昇降路を設置しなければならない。マルチならそうした問題を解決できるうえに、空間の制限もなく、建築家が変わった形状や様式のビルを設計することも可能だ。

ドイツの土地開発業者OVGリアルエステートがすでに導入に踏み切っており、ベルリンに建設予定のイーストサイドタワーへの設置を計画している。しかし、多くのビルが近い将来この手のエレベーターを装備するとは、とても考えにくい。マルチの導入コストは、どうやら標準的なエレベーターの5倍もかかるらしい。残念ながら、不動産業界が今後マルチを積極的に導入できるほど伸びていけるかは不透明だ。

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Video courtesy of ThyssenKrupp
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る