KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
つぶやきの真意を絵文字で表現、MITがツイッター分析で新技術
Graham Roumieu
知性を宿す機械 Insider Online限定
An Algorithm Trained on Emoji Knows When You’re Being Sarcastic on Twitter

つぶやきの真意を絵文字で表現、MITがツイッター分析で新技術

深層学習によって、コンピューターに人間の感情や皮肉を理解させる研究が進んでいる。将来、人間とロボットが共同で作業するには、ロボットが人間の感情を読み取ることが重要だ。 by Will Knight2017.08.07

ツイッターをスクロールすれば、数多くの嫌味や皮肉なコメントを見かけることになる。そして、人びとは明らかに、皮肉を真正面から受け入れてしまうことが多い。

ありがたいことに、マサチューセッツ工科大学(MIT)のアルゴリズム研究者が開発したツイートの分析手法は、皮肉やその背景にある感情的な意味をうまく検知できる。

ソーシャルメディアの投稿から情緒を検知することは、ブランドや製品に対する印象の収集や、金融市場の動向を読み解く場合にすでに役立っている。しかし、ツイートやコメントの意味をさらに正確に洞察することは、コンピューターがオンライン上で悪口やヘイトスピーチを自動的に発見し、鎮圧するのに役立つ可能性がある。ツイッターをより深く理解することは、ネットワークにおける情報や影響力の広がり方の研究に役立つだろう。さらに、機械が賢くなるにつれて、感情を検知する能力は、人間対機械のコミュニケーションの重要な機能となる可能性がある。

研究者は当初、ツイッター上の人種差別的な投稿が検知できるシステムを開発することを目的としていた。しかし、すぐに多くのメッセージの本意が、皮肉の理解なしには適切に理解できないことに気が付いた。

このアルゴリズムは深層学習を活用している。深層学習とは、膨大なデータを使って微妙なパターンを認識させるためにニューラルネットワークを訓練をする、人気の高い機械学習手法だ。訓練では多くのツイートに、感情的な内容が分かるように絵文字を使ったラベルを付けている。これにより、システムがツイートに含まれる一般的な感情を読み取ることを補助し、そこからさらに、皮肉を認識するよう教えることに成功した。

「オンライン上では声に含まれるイントネーションや身振り手振りを使って文脈を説明することができないので、代わりに絵文字を採用しました」と、MITメディアラボのイーヤッド・ラーワン准教授は話す。ラーワン准教 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る