KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO Event Report #1

ブロックチェーンはどう進化するか?伊藤穣一氏らが予測する未来

MITメディアラボの伊藤穣一所長、ブロックストリーム社のインフラ技術エンジニアであるラスティ・ラッセル氏が、ビットコインのこれからを、インターネットの進化とレイヤー構造、Linuxの開発と普及の歴史になぞらえて占う。 by Yasuhiro Hatabe2017.08.09

ブロックチェーンやビットコインはただのバブルなのか? それとも社会的なインフラへとして進化し、社会へ浸透していくのか? デジタルガレージほか3社が開催した「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO」の2日目となる7月26日、デジタルガレージ共同創業者でもあるMITメディアラボの伊藤穣一所長は、ブロックチェーンの今後を、インターネットの構造と進化の過程になぞらえて語った。

ビットコインは思っているほど早くは来ない

伊藤所長は、1枚の写真をスクリーンに映し、1990年代前半のインターネット黎明期を振り返る。当時の伊藤所長の部屋の洗面所に、多数のケーブルでつながった機材が少し雑に積まれた写真だ。それが、日本最初期の商用インターネットサービスプロバイダーだという。

「この時代のインターネットがすごく面白かったのは、僕らみたいな学生やベンチャーが通信に入っていって、大きな電話会社と競争できたことだ」と伊藤所長は語る。

95年頃、まだWebが活発に動いていなかった時代に最初のキラーアプリケーションになるのはデジタルキャッシュだ、すぐにデジタルキャッシュが来る——伊藤所長はそう考えていた。しかし、電子決済システムの草分けだったデジキャッシュ社は98年に倒産。デジタルキャッシュは思ったようには伸びなかった。

ここで伊藤所長は、Amara's Lawという、アメリカで言われる1つの“法則”を紹介した。その法則とは、「私たちは短期的には技術の影響を過大評価し、長期的にはその影響を過小評価しがちである」というものだ。

「どんな技術も、早く来ると思われがちで、長期的な影響がちゃんと見えてないというのがよくあるパターンだということ」。

クリエイティブ・コモンズの共同創設者であるローレンス・レッシグは、規制の方法には「法律(Law)」「社会規範(Norm)」「市場(Market)」「技術設計(Architect)」の4要素があり、これらは相互に作用し、この関係がちゃんとバランスしなければ物事が進まないとしている。

伊藤所長は、「デジタルキャッシュが今まで“来て”いないのには、このあたりが関係しているのではないか」との解釈を示した。

インターネットのレイヤーには非営利な集団が必ずいる

伊藤所長は、「インターネットは“The Stack”と呼ばれるように、プロトコルのレイヤーに分けて整理されている。それがインターネットの成功の基でもある」と話す。

まず、1974年にイーサネットが発明され、その上にTCP/IP、さらにその上にHTTP/HTML(Web)、その上に暗号通信のプロトコルであるSSLが重なる。この各レイヤーで規格が標準化されると、そのレイヤーの中でさまざまな企業が生まれ、競争の末にその中から大きな抜きん出た企業が現れてきた。例えば、イーサネットのレイヤーにはスリーコム(3Com)、TCP …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント