1. コネクティビティ
    「ブロックチェーンは改ざん不可能」という売り文句は、もはや過去のものになろうとしている。これまで比較的マイナーな暗号通貨を狙っていた51%攻撃が、メジャーな暗号通貨であるイーサリアム・クラシックを襲ったことは大きな衝撃を与え、「乗っ取り」も現実になってきた。 Mike Orcutt32日前
  2. コネクティビティ
    暗号通貨バブル崩壊でもアクセル全開、バイナンスの「ヤバい」戦略
    暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の勢いが止まらない。だが、脱法的とも言える同社の手法がいつまで通用するのか、先行きは不透明だ。 Mike Orcutt45日前
  3. コネクティビティ
    SEC見解に動揺、人気ステーブルコインは「有価証券」なのか?
    アルゴリズムによって価格の安定を図っている暗号通貨「ダイ(Dai)」が話題だ。だが、米国証券取引委員会(SEC)高官が規制対象となるステーブルコイン(安定通貨)について新たな見解を示したことで、動揺が広がっている。 Mike Orcutt48日前
  4. コネクティビティ
    ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?
    暗号通貨の秘密鍵を安全に保管できる「ブロックチェーン・スマホ」が暗号通貨愛好家の関心を集めている。Web3.0とも呼ばれる「非中央集権型Web」実現への一歩となるのだろうか。 Mike Orcutt52日前
  5. コネクティビティ
    一時は世間を熱狂させたイーサリアムだが、「クリプトキティ」事件でパフォーマンス問題が露見して以来、大規模な非中央集権型アプリケーションへの適用が疑問視されている。イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンは新バージョン「イーサリアム2.0」で解決できるというが、理想を実現できるのだろうか。 Mike Orcutt3カ月前
  6. コネクティビティ
    暗号通貨「Zキャッシュ」の開発チームが、同暗号通貨に含まれていたバグを秘密裏に修正していたことが明らかになった。今回の件で、暗号通貨の支持者たちが理想として掲げる「非中央集権化」とは一体何を意味するのかが、改めて議論となっている。 Mike Orcutt3カ月前
  7. コネクティビティ
    UCバークレーの「天才」教授が創業したスタートアップ企業がブロックチェーン界隈で話題だ。ブロックチェーンの弱点をおぎない、スマート・コントラクトを実用化する現実的なテクノロジーを開発したという。 Mike Orcutt10カ月前
  8. コネクティビティ
    暗号通貨の採掘に特化したASICによって、採掘市場の「独占」傾向が強まっている。アルゴリズムの変更で対応する動きがあるが、限界があるという。 Mike Orcutt11カ月前
  9. コネクティビティ
    リップルもイーサリアムも有価証券の可能性、米CTFC元委員長
    現在MITの講師を務めるゲーリー・ゲンスラー元CTFC委員長は、暗号通貨は証券として規制する必要があるかもしれないと話した。 Mike Orcutt12カ月前
  10. コネクティビティ
    ブロックチェーンは世界を変えられる——「暗号通貨の女王」語る
    「暗号通貨の女王」「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る元JPモルガン・ チェース銀行のアンバー・バルデット。ブロックチェーン・アプリケーションの可能性とゼロ知識証明について講演した。 Michael Reilly12カ月前
  11. コネクティビティ
    トラブル続きだったICO、
    今年は本物になれるのか?
    2017年には相次ぐ新規仮想通貨公開(ICO)が、暗号通貨市場に活気をもたらした一方で、数々の法的なトラブルを引き起こした。米国当局は今後、規制を強化する可能性があり、ICOは転換点を迎えるかもしれない。 Mike Orcutt17カ月前
  12. コネクティビティ
    「ビットコインは投資ではなくWebの再発明」信者たちの主張
    多くの日本人にとってビットコインは単なる投資商品の1つでしかない。だが、熱狂的なビットコイン信者の中には、「新たなWebの発明」だと主張する人々もいる。 Mike Orcutt17カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    韓国が暗号通貨ブームに沸き立っている。韓国政府が新規仮想通貨公開(ICO)禁止令を出したり、取引所に対する北朝鮮からのサイバー攻撃が確認されたりしても、仮想通貨熱は冷める兆しを見せない。 Yoochul Kim18カ月前
  14. コネクティビティ
    米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、暗号通貨のスタートアップ企業と提携して、ブロックチェーン技術を金融業界に適用させることに熱心に取り組んでいる。同行の最大の関心事の一つは、ブロックチェーンで完全な匿名性を保った取引を可能にすることと見られる。Mike Orcutt2年前
  15. コネクティビティ
    なぜイーサリアムは
    ビットコイン以上に
    世界を熱狂させるのか?
    ビットコインが有名になるにつれて、その中核技術であるブロックチェーンを様々な用途に使おうとする試みが増えている。しかし、ビットコインのブロックチェーンは基本的に通貨取引向けなので、適用範囲に限界がある。そこで注目されているのが「イーサリアム」だ。 Mike Orcutt2年前
  16. コネクティビティ
    ビットコインだけじゃない、
    ブロックチェーンが実現する
    医療ネットワーク大革命
    ビットコインなどの仮想通貨の基盤となっているブロックチェーン技術は、保健医療業界にとっても非常に有効であることは間違いない。しかし、実現に向けては、採掘者の動機づけをはじめ、セキュリティやプライバシーなど解決すべき問題が多い。 Mike Orcutt2年前
  17. ビジネス・インパクト
    ブロックチェーンはどう進化するか?伊藤穣一氏らが予測する未来
    MITメディアラボの伊藤穣一所長、ブロックストリーム社のインフラ技術エンジニアであるラスティ・ラッセル氏が、ビットコインのこれからを、インターネットの進化とレイヤー構造、Linuxの開発と普及の歴史になぞらえて占う。 Yasuhiro Hatabe2年前
  18. ビジネス・インパクト
    マイクロソフトはなぜブロックチェーンに投資するのか?
    マイクロソフトは、アジュール上で動作するブロックチェーンを金融機関向けに開発している。なぜビットコインとは別のブロックチェーンを開発する必要があるのだろうか? Tom Simonite3年前