KADOKAWA Technology Review
×
Facebook Has Nuked Ad Blockers, For Now

フェイスブックが殲滅宣言
広告ブロックとの長期戦開始

フェイスブックは、何百万人のユーザーが広告を表示せずにFacebookを利用していることを「サービスただ乗り」とみなし、広告ブロッカーとのイタチごっこを始めるつもりでいる。 by Tom Simonite2016.08.09

Facebookの使用は取引と同じだ。インターネットで交流できるかわりに、フェイスブックは広告主にユーザーが感じたこと、見たこと、出会った人の情報を売り渡している。

しかし今日、フェイスブックは何百万人のユーザーがその取引を偽り、ウェブブラウザーで広告ブロックを使っていると考えているとした。そこでフェイスブックはサイトを微調整し、広告が広告ブロッカーを回避できるようにすると発表した。

これは面白いことになる。広告ブロッカーの開発元がユーザーを満足させるために、「「広告の回避」のフェイスブックによる回避」を回避しようとするはずだからだ。ネット広告業界の概算では、米国では4500万~7000万人がデスクトップパソコンで広告ブロッカーを使っている。たとえば「Adblock Plus」は最も人気のある広告ブロッカーで全世界に1億人以上のアクティブユーザーがおり、グーグルなどのネット企業から、広告ブロックの迂回料さえ得ているのだ。

Adblock Plusも競合製品も、広告ブロックを潰そうとする企業との激しい競争を繰り広げている。しかし、広告ブロック側の解決策は100%効果的ではない。フェイスブックはより強力な、広告ブロックに消されない広告を作れる。フェイスブックはメディア企業より、ブロックの回避に多くの開発者を割り当てられるし、広告の表示方法も細かく制御できる。

広告ブロッカーの基本設計は、ユーザーがウェブページにアクセスするとき、記事と広告は別のドメインから配信されることが多い、という事実を上手く利用している(ネット広告は、メディア企業自身が配信する場合より、広告ネットワークにアウトソーシングされていることが多い)。Adblock PlusやuBlock Originのようなツールは、広告コンテンツの配信元のドメインを「ブラックリスト化」して広告をブロックしているのだ。

そこでフェイスブックは、広告ブロッカーの中心的機能であるブラックリストを無効化できる、といっているようだ。もしフェイスブックが、友だちの写真と広告コンテンツを同じドメインから配信すれば、広告ブロッカーは記事と広告を区別できなくなる。

しかし、広告ブロッカーが永遠に締め出されるとは限らない。フェイスブックはユーザーを混乱させないように「スポンサー」のように表示し、広告であることを明白にしなければならない。「広告」「スポンサー」などの表示は、広告ブロッカーには広告と識別する手がかりになる。フェイスブックは広告ブロッカーとの戦争において、強烈な初弾を放ったが、最後の一発にはならないだろう。

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. The best, and the worst, of the coronavirus dashboards 新型コロナ、世界の最新データが見られるサイト10選
  2. Warmer weather could slow the spread of the coronavirus 新型コロナ、「暖かくなったら終息」は本当か?
  3. Gene sleuths are tracking the coronavirus outbreak as it happens 新型コロナは世界にどう広がったのか? 遺伝子解析で追跡
  4. The Covid-19 pandemic in two animated charts 国別グラフで見る、新型コロナのパンデミックはどう拡大したのか?
  5. We’re not going back to normal 「新型コロナ後」の世界は どう変化するか?
トム サイモナイト [Tom Simonite]米国版 サンフランシスコ支局長
MIT Technology Reviewのサンフランシスコ支局長。アルゴリズムやインターネット、人間とコンピューターのインタラクションまで、ポテトチップスを頬ばりながら楽しんでいます。主に取材するのはシリコンバレー発の新しい考え方で、巨大なテック企業でもスタートアップでも大学の研究でも、どこで生まれたかは関係ありません。イギリスの小さな古い町生まれで、ケンブリッジ大学を卒業後、インペリアルカレッジロンドンを経て、ニュー・サイエンティスト誌でテクノロジーニュースの執筆と編集に5年間関わたった後、アメリカの西海岸にたどり着きました。
コロナウイルス感染症(COVID-19)

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を原因とする新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が猛威を振るっている。MITテクノロジーレビュー[米国版]による関連記事をまとめた。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The best, and the worst, of the coronavirus dashboards 新型コロナ、世界の最新データが見られるサイト10選
  2. Warmer weather could slow the spread of the coronavirus 新型コロナ、「暖かくなったら終息」は本当か?
  3. Gene sleuths are tracking the coronavirus outbreak as it happens 新型コロナは世界にどう広がったのか? 遺伝子解析で追跡
  4. The Covid-19 pandemic in two animated charts 国別グラフで見る、新型コロナのパンデミックはどう拡大したのか?
  5. We’re not going back to normal 「新型コロナ後」の世界は どう変化するか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る